公認心理師になるには・試験の受験資格は?

公認心理師になるまでの道のり

公認心理師になるためには、まずは国家資格である公認心理師国家試験を受験して合格することが必要です。

この資格を取得したあと就職活動を行い、「医療」「教育」「産業」「福祉」「司法」などの各領域で仕事を探します。

ストレスの多い現代社会では、「人」が活動するあらゆる場所で、心の問題にアプローチできる公認心理師の需要があります。

臨床心理士と同様に、多岐にわたる就職先が考えられるでしょう。

ただし、心理職は常勤の仕事が少ないことで知られており、非常勤としての採用になることも珍しくありません。

「国家資格だから就職には有利になるのではないか」と考える人もいるかもしれませんが、これに関してはまだわかりません。

資格誕生から日が間もないこともあり、就職先や雇用条件に関しては、今後の動向を注意深く見守る必要があります。

公認心理師になるまでのルート

公認心理師の資格・難易度

公認心理師の資格を取るためには、国家試験を受けなければいけません。

試験は誰でも自由に受けられるものではなく、受験資格としては、以下の3通りが挙げられます。

1. 大学および大学院で、心理学その他の公認心理師となるために必要な科目を修了した者、またはそれに準ずる者。
2. 大学で心理学その他の公認心理師となるために必要な科目を修めて卒業した者、またはそれに準ずる者で、一定の施設において心理に関する支援の業務に従事した者。
3. 上記2つに掲げる者と同等以上の知識・技能を有する者。

わかりやすく説明すると、(1)では、まず4年制大学で「公認心理師になるための科目」を履修する必要があります。

ここでいう「公認心理師になるための科目」とは臨床心理学に関わる内容が中心となるため、実際には大学の心理系学部・学科の卒業が必須となります。

その後、大学院でさらに臨床心理に関する学びを深めていくことになります。

(2)のルートでは、心理系学部・学科を卒業していながら、大学院を出ていない人を対象としています。

こちらは大学院の代わりに「実務経験」が必要で、2年以上、特定の施設で心理カウンセリングなどの実務に携わった経験が求められます。

ここでいう「特定の施設」としては、病院や保健所、児童福祉施設、保育園、学校、裁判所、少年院、健康管理センター・相談室生活支援センターなどです。

「医療」「教育」「産業」「福祉」「司法」の5領域に含まれる多種多様な施設が定められています。

(3)については、公認心理師の養成カリキュラムがある専門学校で学んだ場合や、海外の大学で心理学を専門に学んだ場合などが想定されているようです。

公認心理師試験の難易度・合格率

公認心理師になるための学校の種類

前述のように、公認心理師の国家試験を受けるためには、特定の学校で学ぶか実務経験を積む必要があります。

学校を選ぶ場合、まずは4年制の大学の心理系学部・学科に進学しましょう。

このとき、臨床心理系の大学院がある大学を選んでおくと進学がスムーズです。

大学の研究室で優秀な成績を収めることができれば、教授の推薦で大学院に進学できることがあります。

公認心理師になるための大学院は、基本的には「(臨床)心理学専攻」と名称がついていることが多いです。

ただし、心理学専攻という名称のコースでも、公認心理師のカリキュラムには対応していない大学院もあります。

大学院のホームページなどで最新の情報を事前によく確認してください。

公認心理師になるための学校・学歴(大学学部・大学院)

公認心理師に向いている人

公認心理師に向いているのは、人間の心理に興味がある人です。

公認心理師は心の問題を解決に導くのが使命ですから、人の感情や行動に関心を持てることが求められます。

また、苦しんでいるクライエントの手助けをするためには、他者に寄り添えることも大切です。

他人を思いやることができる人でなければ務まらないでしょう。

専門性の高い職業ですから、常に新しい知識やスキルを学ぶ姿勢も必要です。

公認心理師は、勉強熱心で向学心がある人のほうが向いています。

公認心理師に向いている人・適性・必要なスキル

公認心理師のキャリアプラン・キャリアパス

公認心理師のキャリアプランは、資格を取って就職するところから始まります。

このとき、最初から公務員や企業の正社員として採用されるのが理想的なのですが、実際にはそれが難しいことがあります。

その場合、まずは非常勤のスクールカウンセラーや企業の保健室での相談業務などを掛け持ちして働くことが多いようです。

さまざまな場所で経験を積んでから再び就職活動することで、常勤の仕事に就くことができる可能性が高まります。

公認心理師を目指せる年齢は?

「公認心理師の資格を取得したいけれど、今から大学や大学院に入学して勉強するのは年齢的に厳しい」と考える人がいるかもしれません。

この場合、もしもすでに臨床心理の実務経験があるのなら、公認心理師の資格試験を受けられる可能性があります。

公認心理師の受験資格にはさまざまなルートがあります。

そのなかには「心理職として5年以上の実務経験があり、さらに現任者講習会を受講・修了する」というものも含まれます。

この受験資格にあてはまるのであれば、年齢や学歴に関係なく、資格試験を受けることができるのです。

ただし、これは新しい資格の誕生に伴う経過措置であり、2022年までの特例だとされています。

受験のタイミングによっては当てはまらなくなるので注意が必要です。

受験資格の詳細は、公認心理師試験のホームページをご参照ください。

参考:一般財団法人「日本心理研修センター」