公認心理師の需要・現状と将来性

公認心理師の現状

日本では長らく議論されてきたのが、心理系職種の国家資格化についてです。

紆余曲折の道のりを経て、平成30年に公認心理師の資格試験が始まり、ようやく「公認心理師」という国家資格が誕生しました。

公認心理師の役割や仕事内容は、民間資格である臨床心理士のそれと大きな違いはありません。

医療・教育・産業・福祉・司法の各領域で、人の心の問題にアプローチする心理系専門職としての活躍が期待されるという点も同じです。

しかし、民間資格ではどうしても社会的な評価や信頼度が上げにくく、給料や待遇も不安定でした。

これに対して、公認心理師という国家の後ろ盾がある資格が誕生したことで、心理系の職業が社会に広く認知され始めたというのが現状です。

公認心理師の需要

ストレスの多い現代社会においては、家庭や職場などで心の問題を抱える人は決して少なくありません。

こうした人たちの問題を解決に導くため、さまざまなフィールドで心理系の職業が必要とされてきました。

今までは、カウンセリングという専門性が高い仕事をしているにもかかわらず、契約社員やパートのような非正規雇用の求人が多いという問題がありました。

しかし、公認心理師の誕生を機に少しずつ世の中の流れが変わり始めています。

公認心理師は文部科学省と厚生労働省が管轄する国家資格であるため、常勤での雇用は少しずつ増えてきているようです。

今後はますます心理系の職業の雇用の安定化が進むのではないかという期待の声が出ています。

公認心理師の将来性

公認心理師は、これまで臨床心理士が働いてきた現場で活躍することになります。

たとえば、総合病院やクリニックのような医療・保健領域。

児童相談所や療育施設のような福祉領域。

学校、教育センターのような教育領域。

民間企業や公共職業安定所(ハローワーク)のような産業領域。

この他にも家庭裁判所や少年鑑別所などでも働くことができます。

さらに「私設心理相談所(いわゆるカウンセリングルーム)」を自ら独立開業して、人々の助けになることも可能でしょう。

公認心理師が国家資格となったことで、仕事の可能性は大きく広がったと考えられます。

各領域で臨床心理士と共存しながら、自らの専門性を生かして活動を行っていくことで未来を切り開くことができます。

公認心理師の今後の活躍の場

初の心理系国家資格保持者として、その活躍に期待が高まっているのが公認心理師です。

しかし、公認心理師がこれから各領域でどのように働いていくのかについては、まだまだ見えない部分も大きいといわれています。

それというのも、公認心理師は平成30年9月に第一回試験が実施されたばかりの新しい資格です。

したがって、この資格を取得した人が現時点ではそれほど多くはありません。

彼らが就職・転職によって、本格的に病院や学校、企業などで雇用されるのは、まさにこれから。

就職先や雇用形態、待遇面などがどれだけよいものになるのかは未知数です。

今後、公認心理師を目指そうと考えている人は、最新の情報を追っていく必要があるといえるでしょう。