海外営業の種類

海外営業といっても、顧客の種類や担当エリアなどによって、さまざまなスタイルや仕事の進め方が存在します。

その種類を大きく分けると、日本国内のオフィスに勤務して出張で各国を訪れ、現地企業に営業活動を行うケースと、海外法人や子会社に駐在し、現地で生活しながら営業活動を行うケースの2種類が挙げられます。

ここでは、それぞれについて紹介していきます。

国内に勤務する場合

国内で勤務する海外営業は、国内営業と同じように毎日日本のオフィスに出勤し、朝から夕方頃まで働くスタイルが一般的です。

普段はオフィスワークが中心で、メールなどを使って顧客とやりとりを行ったり、新たな代理店や販売パートナーを探してアプローチをかけたりします。

海外営業の場合、受け持つ地域によっては、相手国の時差に合わせて早朝や深夜に仕事をすることもあり、電話会議やテレビ会議への参加も多くなります。

ただし、ときに実際に現地へ出向いて商談を行うことになり、人によっては毎月頻繁に現地と日本を往復することもあります。

海外とのやりとりは、お互いの国のルールや文化が異なるなかで意識の食い違いが起こりやすいため、より慎重に進めていく必要があります。

海外に駐在する場合

海外法人や子会社に駐在する海外営業の場合、現地で生活しながら営業活動を展開することになります。

担当顧客への訪問や新規顧客の開拓、市場調査、新たな販売パートナー開拓などがおもな仕事内容となりますが、日本のオフィスに勤務するスタッフとのやりとりも頻繁に発生します。

英語を使っての商談が中心となり、担当エリアで自社製品やサービスをさらに広めていくことが求められます。

なお、担当先が先進国なのか、それとも途上国なのかによって、生活のしやすさや生活スタイルは大きく変わってくるといえるでしょう。

その国で生活するにあたって、現地の文化や習慣を理解し、馴染もうとする姿勢が必要になってきます。