ITエンジニアの勤務先の種類・活躍の場

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ITエンジニアの勤務先・働き方の種類

ITエンジニアには、IT業界を中心に、以下のようなさまざまな活躍の場があり、働き方も多様です。

ITエンジニアの活躍の場・働き方
  • SIer
  • ソフトウェア開発会社
  • Webサービス開発会社(Web系企業)
  • IT・Web系以外の一般企業
  • SES企業
  • 独立・開業

SIerは、おもに顧客企業の課題解決のためのシステムを提案・構築する企業で、多数のITエンジニアが在籍しています。

また、ソフトウェア開発会社のエンジニアは、おもにコンピュータのOS上で単体で動くアプリケーションを開発します。

Web系サービスをつくる企業でも、Webに強みをもつITエンジニアの活躍が目立ちます。

また、ITやWeb業界以外の一般企業(メーカーなど)でも、大手企業を中心にITエンジニアが雇用されることがあります。

その場合、社内の情報システム部門に在籍し、自社のITについての課題を一手に引き受ける、いわゆる「社内SE」として活躍することが一般的です。

このほか、顧客の企業に常駐して開発業務を進めていく、「SES」と呼ばれるサービスを提供する企業で働くエンジニアもいます。

勤務先によっては派遣社員もいますが、基本的に正社員の活躍が目立ちます。

ITエンジニアの仕事内容

SIer

SIer(エスアイアー)は、おもに顧客となる企業の要望や課題に対し、IT製品を用いた問題解決を行う企業のことです。

ITエンジニアが多数活躍しており、顧客の問題解決のための技術の検証や、システムの提案・構築などを担当します。

SIerが扱う範囲は広く、ネットワークやサーバー、ソフトウェアまでを一貫して提供する場合も少なくありません。

SIerの仕事は、案件規模も受注額も大きくなりがちなため、自社だけでなくパートナー企業と連携しながら開発を行う場合が多く、リーダーシップを取る場面も多く見られます。

たしかなITのスキルや知識はもちろん、顧客に対する責任感も強く求められます。

SIerの有名企業として、国内ではNTTデータや日立製作所などが、外資系ではIBMやSAPなどが挙げられます。

ソフトウエア開発会社

ソフトウェア開発会社では、おもにOS上で単体で動作するアプリケーションを開発しますが、最近はインターネットなどで通信を行えるものも増えています。

ソフトウェア開発会社のITエンジニアはソフトの企画や開発を担当することが多く、新しい技術を積極的に学んだり試したりして商品開発を行います。

企業によって開発に使う言語の種類や得意分野はさまざまですが、大きく分けると、一般向けに販売する汎用ソフトウェアを扱う企業と、特定の企業や用途に向けたカスタマイズ開発をメインで行う企業があります。

一般的なコンピュータだけでなく、工場などでの機械制御用ソフトウェアなどを開発する企業も多いです。

有名なソフトウェア開発会社には、マイクロソフトやオービック、富士ソフトなどがあります。

Webサービス開発会社

Webサービス開発企業は、オンラインゲームやECサイトなどWeb上で利用できるサービスの開発や運用などを行っています。

Webサービスは、システムが24時間365日使えることが前提となっているため、エンジニアはそれに対応できる仕様で設計を行うことが必要です。

また、サービスを運用しつつ更新を重ねるスタイルが主流であるため、サービスの改善のために常に企画と開発を行っていくことが重視されます。

サーバーやネットワーク、プログラミングなど幅広い知識が求められ、多くの技術者が開発に携わるためチームワークも重要です。

成長が続く人気業界で、ソフトバンクや楽天、ミクシィ、DeNAなど、有名な企業も多いです。

IT業界以外の一般企業

IT業界以外の一般企業でも、大手企業を中心に、ITを専門とするエンジニアが活躍しています。

その場合、たいていは「情報システム部門」などに所属し、「社内SE」として活躍します。

社内SEは、自社で使うシステムの管理や提案、その他、社内でのITに関するさまざまなトラブルや課題を解決する役割を任されることが多く、幅広いIT知識・スキルが要求されます。

SES企業

SESとは「システムエンジニアリングサービス」の略で、お客さまとなる企業に対し、技術者を派遣するサービスを意味します。

SESを事業として営んでいる会社が「SES企業」で、そこでも多くのITエンジニアが活躍しています。

SESのエンジニアは、日々の仕事場所はお客さま先がメインとなりますが、身分はあくまでもSES企業の社員です。

独立・開業

ITエンジニアは、企業の従業員として働くだけでなく、独立して働く人も多いです。

技術があれば、開発業務や常駐での運用業務を担当することができます。

飲食店などとは異なり、独立にあたって店舗を借りたり、大掛かりな設備を用意したりする必要がほとんど必要ないのが魅力です。

繁忙期など、一時的に技術力のあるエンジニアを求める企業も多いため、経験者であれば仕事は見つけやすく、企業に勤めていたときよりも収入が増える人も少なくありません。

独創的なアイデアや卓越した技術によって、今までになかったシステムやサービスを開発し、自ら会社を立ち上げる人も出ています。

昨今は、クラウドサービスや求人サイト経由で仕事を得やすくなって営業面でのハードルが下がったことや、リモートワークの普及も後押しになり、独立するITエンジニアはますます増えています。

ITエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost