ITコンサルタントの転職理由・転職状況は?

ITコンサルタントが今の職場を辞める理由で多いものは?

ITコンサルタントが離職する理由には、以下のものがあげられます。

・土日も休めないほどの仕事量があるため、家族との時間をろくに取れない
・会社が求める成長スピードに追いつけず、期待にこたえられなくなった
・営業力がなく、管理職に昇進できない
・自分が立てた戦略がどう実行されるか、その成否を最後まで見届けることができない
・技術を極めたい
・ヘッドハンティングを受けた
・起業をしたい

上記のようにさまざまな理由がありますが、もっぱら仕事そのものに関する理由が多く、給料や人間関係といった理由は少ないことが特徴です。

そもそも、ITコンサルタントは圧倒的なスピードで成長し続けることが特徴の職種です。

そのため担当するプロジェクトごとに成長課題が与えられ、苦労してクリアすると次のプロジェクトではさらに難しい課題に挑まなければなりません。

したがって、ワークライフバランスが両立できない、いくら頑張っても会社の期待に応えられないといった理由で退職する方は多くなっています。

一方でITコンサルタントは次々と新しいプロジェクトを担当するため、じっくり顧客や技術に向き合うことが難しいものです。

このことを理由として離職する方も少なくありません。

ITコンサルタントの転職で気をつけるべきこと

同業他社に転職する場合

ITコンサルタントの転職では、年齢に見合った豊富な経験が求められます。

業界経験やマネジメント経験を掘り下げて整理し、効果的なアピールを心がけましょう。

またITコンサルタントの転職では、過去の上司や同僚に誘われてというケースもあります。

この場合は誘われている企業のことをご自身でもよく調べ、後悔のないように決める必要があります。

なおSIerへ転職する場合はさまざまな職種がありますから、どうしてITコンサルタントを希望するのかについてはっきりさせることも求められます。

事業会社に転職する場合

事業会社はITコンサルタントの転職先として魅力的ですが、募集の枠そのものは少数です。

そのため会社の求めるスキルとマッチしているか、かなり詳細にチェックされることとなります。

従って事業会社への転職を成功させるためには、事前の情報収集を十分に行うことが欠かせません。

また事業会社への転職は年収が下がる可能性が高いため、生活水準を上げ過ぎないことも求められます。

ITコンサルタントの職務経歴書の書き方のポイント

ITコンサルタントの職務経歴書では、以下の内容が重要視されます。

・どのようなプロジェクトを経験し、どのような業務に携わったか
・経験した業界や業種
・30代以上の場合は、マネジメント経験
・志望動機

いずれもただ経験を並べるだけでは、書類選考で落とされることになりかねません。

あなた自身がどれだけ成長し、どれだけ価値のある能力を持っているのかという点を、端的にアピールするよう心がけましょう。

また事業会社への転職では、なぜコンサルタント会社でないのかという点も必ず質問されます。

この点についても、きちんと答えられるように準備することが欠かせません。

ITコンサルタントから他の業界への転職はある?

ITコンサルタントの転職は同業他社や起業の他に、事業会社へ転職し、以下の職に就く方法があります。

ここでいう事業会社は、コンサルタント会社以外の企業を指します。

・事業会社の役員や幹部として、経営に関わる
・事業会社の企画職として、事業運営に関わったり、新規事業の立ち上げに関わる
・SIerに転職し、ITエンジニアやマネジャーとして実績をあげる

これ以外にも20代の場合は、他の職種でキャリアを積み直す選択も可能です。

いずれの職務もITコンサルタントよりは激務とならない一方、給与も下がる可能性が高いことに留意が必要です。

実際にITコンサルタントの激務に疲れ果て、他の業界への転職を選ぶ方も少なくありません。

ITコンサルタントの転職先はどのように探せばいい?

ITコンサルタントの転職先を探す方法は、主に以下の方法となります。

・転職エージェント
・転職サイト
・転職イベント

転職サイトのメリットは、他の人に会わなくても応募できる点が魅力です。

このため忙しいITコンサルタントでも深夜に応募するなど、現職にいながら転職活動を進めることができます。

一方で転職イベントでは会場において、すでに働いている従業員にいろいろたずねられる点が魅力です。

ところでITコンサルタントは高度かつ専門的な能力が求められるため、転職エージェントによる案件の比率が高くなっています。

そのためよい転職先を得るためには転職エージェントで相談し、あなたに適した企業を紹介してもらうこともよい方法です。

転職エージェントは応募の代行や企業の情報も提供してもらえますので、忙しい方でも転職活動を進められる点がメリットとしてあげられます。

ITコンサルタントを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITコンサルタントを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost