ITコンサルタントになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

ITコンサルタントになるための学校の種類

ITコンサルタントになるための学校には、大きく分けて大学と専門学校、民間のスクールがあり、それぞれ対象とする方は異なります。

ITコンサルタントは資格が必須でない一方、ITとビジネスに関する深い知識が要求されます。

このためITとビジネスを学べる学校がベストですが、有名大学ではこのようなコースを用意していない場合も多いです。

その場合は経営など、ビジネスに関する学部を選ぶとよいでしょう。

またITコンサルタントは答えが簡単に出ない課題に対して、解決方法を考え抜く能力も求められます。

そのため、就職活動においては、大学を卒業したほうが有利です。

ITコンサルタントになるための大学

大学の特徴は、学生が主体的にテーマを選び、学ぶという点にあります。

これはITコンサルタントにとって不可欠の能力であり、またカリキュラムが定められている専門学校と異なる点です。

特に上位の大学になるほど、その傾向は強くなります。

自らテーマを選び、研究できることは大学のメリットといえるでしょう。

場合によっては、ITと経営をミックスさせたテーマを研究することも可能です。

この点では情報系の学部よりも、むしろ経営や経済に関する学部が有利ともいえます。

一方で卒業まで4年かかること、学部によっては学んだ内容が実務に生かせない場合もあることは、大学のデメリットといえます。

また年間の学費の平均額は、株式会社日本政策金融公庫が毎年公表しています。

「平成30年度 教育費負担の実態調査結果」によると、以下の通りです。

・国立大学の場合:115万円
・私立大学文系:160万円
・私立大学理系:185万円

ITコンサルタントになるための専門学校

専門学校は大学よりも、実践的な内容を学べることがメリットです。

一方で入学したコースにより、カリキュラムが指定されることには注意する必要があります。

そのため、ITコンサルタントを目指す目的で専門学校を選ぶ場合は、技術面だけを学ぶコースは不十分の場合が多いため、ITとビジネスを両方学べるコースを選ぶ必要があります。

該当する専門学校は少ないことにも留意しましょう。

また年間の学費は100~150万円前後と、安くはありません。

ITコンサルタントになるためのスクール

ITコンサルタントになるには、一般のスクールで実力をつける方法もあります。

これらの学校は主に社会人を対象としていますから、通学は週1~2回かつ短時間となる場合もあり、また少人数での開催となる場合もあります。

その代わり実習が主体となりますから、自主的に学習する時間を多く取ることが必要です。

加えて受講料も数ヶ月で20万円程度の講座もあり、高額となりがちなことも特徴です。

ITコンサルタントの学校選びのポイントは?

ITコンサルタントとして活躍するためには、常にベストの方法を求め、考え続けることが求められます。

従って学校で教えてもらえることは、知識や仕事の進め方に限られます。

仕事では実践が必須ですから、「楽にITコンサルタントになる」ことを目指すと、企業に入ってから実力を発揮できない恐れもあります。

そのため学校を選ぶ際には知識だけでなく、ゼミや実習など考え方を鍛えるカリキュラムが豊富なことを基準に選ぶとよいでしょう。

とにかく、なるべく苦労できる学校を選ぶことをおすすめします。