ITコンサルタントへ転職するには? 未経験・中途採用はある?

ITコンサルタントへの転職状況は?

ITコンサルタントはさまざまな業務経験が求められる職業である一方で、人材は大きく不足しています。

そのため新卒だけでなく、20代後半から30代前半を中心に、中途採用も活発に行われています。

このようにITコンサルタントは、転職の需要が高い職種という特徴があります。

一方でIT系の職種であることから、転職者の元の職種はIT業界からが多いことが特徴です。

ただし、ITのスキルを身につけてさえいれば、ITエンジニアでなくても転職することは可能です。

ITコンサルタントへの転職の志望動機で多いものは?

ITコンサルタントの転職において、主な志望動機は以下のものとなります。

・ゼロベースで顧客の課題解決を行い、経営改善に貢献したい
・新しい事業を軌道に乗せ、顧客企業の業績アップに貢献したい
・給料を上げたい

ITコンサルタントはSEと異なり、導入するシステムが営業段階で決まっているなどという縛りがありません。

一方でSEのままでは、提案そのものが間違っていた際にどうすることもできません。

そのため、いくら頑張っても顧客満足を得られないといった歯がゆい経験を持った方も多いでしょう。

ITコンサルタントへ転職することで経営改善や業績アップができる提案を、あなた自身の手で行えることが志望動機の1つにあげられます。

またITコンサルタントはIT業界のなかでも高い給与であることが特徴であるため、これも志望動機の1つとなります。

未経験・社会人からITコンサルタントになるには

もしあなたが20代で、日々目的意識をもって仕事に臨んでいるならば、未経験でもITコンサルタントを目指せます。

ITコンサルタントの中途採用はよく行われているため、思い立ったときに応募することができます。

また応募の際、資格はあると参考になりますが、なくても問題ありません。

ただし、ITコンサルタントは経営に大きな影響を及ぼす職業ですから、未経験や社会人からITコンサルタントになるには社会人としてのビジネス経験が必要です。

そのため、3年以上の勤務経験があるとよいでしょう。

またIT系の職種ですから、ITに関する知識も問われます。

もしIT業界以外から入社する場合は、あらかじめ知識を習得しておくことが望ましいといえます。

ITコンサルタントへの転職に必要な資格・有利な資格

ITコンサルタントへの転職にあたり、資格の取得は必須ではありません。

しかし以下の通り、持っていると評価のアップが期待できる資格はあります。

・中小企業診断士
・ITストラテジスト
・プロジェクトマネージャ

これらの資格はいずれも難関であり、実務経験がないと取得は難しくなっています。

したがって、新卒でITコンサルタントを目指す方は、無理に取得する必要はありません。

仕事をしながら、プロジェクトの区切りなどのタイミングで受験するとよいでしょう。

なお試験のタイミングは、いずれも年1回です。

また受験料は中小企業診断士が約3万円、ITストラテジストとプロジェクトマネージャは5,700円必要です。

ITコンサルタントへの転職に役立つ職務経験は?

未経験者がITコンサルタントへ転職するためには、ITコンサルタントが通常行っている職務を経験していると役立ちます。

すなわち、以下の経験が有効です。

・プロジェクトマネジメントの経験
・顧客の課題を解決し、業務改善や経営の改善につなげた経験
・プロジェクトのコンペに参加し、プレゼンテーションを経て受注を勝ち取った経験

したがって、受託開発のSEにありがちな「顧客の要望をかなえるように努める」という姿勢では、ITコンサルタントへの転職には役立ちにくいものです。

なぜならITコンサルタントには、顧客をあるべき方向へ導く役割が求められるためです。

ITコンサルタントへの転職をかなえるには、顧客の現状に疑問を持ち、あるべき姿はなにかを追い続ける姿勢も求められます。

ITコンサルタントへの転職面接で気をつけるべきことは?

ITコンサルタントへの転職面接で気をつけるべきことは、いくつかあります。

時間厳守や身だしなみといった社会人共通の注意点はもちろん、職種特有のポイントにも気をつけましょう。

・ロジカルに説明できる能力や、突っ込んだ質問にも回答できるような頭の回転の速さが求められる
・コミュニケーション能力も重視されるため、相手の話から必要な情報をヒアリングできるスキルも必須
・激務となることが多いため、体力に関する質問をされる場合がある
・1人で顧客を担当することが多いため、1人称で仕事をする覚悟が求められる
・人前によく出る業務であるため、人柄の良さもチェックされる

ITコンサルタントは、まさに「企業戦士」という言葉がふさわしい仕事です。

面接に臨むときから、上記のような心構えをもって挑むことが求められます。

ITコンサルタントに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ITコンサルタントへ転職する際、年齢によって転職しやすさは異なります。

最も転職しやすい年代は、20代後半といえるでしょう。

社会人としての経験と問題解決に関する意欲があれば、スキルが足りなくても転職できる可能性はあります。

20代前半の場合は社会人としての経験が不足している場合があり、内定につながりにくいこともあります。

一方で30代前半では即戦力が求められるため、ややハードルは上がります。

30代後半以降となると、プロジェクトマネジメントの経験がなければ内定は難しくなります。

ITコンサルタントは体力も必要なため、30代前半までが1つの目安といえるでしょう。

未経験からITコンサルタントへ転職する志望動機

もしあなたがITエンジニアの経験がない場合、志望動機をどう考えるかは工夫が必要です。

なかでも「なぜ現職ではなく、ITコンサルタントなのか」という質問が来ることは、必須と考えておきましょう。

このため、ITのスキルがあることは前提となります。

加えて現職とITコンサルタントそれぞれについて、得られることと得られないことを整理し、志望動機の作成につなげてください。

現職での業務経験をITコンサルタントに生かせるならば、その点も含めるとよいでしょう。

また30代以上ではプロジェクトマネジメントの経験も求められますから、この点も生かせるか検討が必要です。

ITコンサルタントを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やITコンサルタントを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost