ITアーキテクトへの転職・未経験採用はある?

ITアーキテクトへの転職状況は?

ITアーキテクトはIT系の知識が豊富でなければ務まらないため、非ITの業界から転職してくることはほとんどありません。

IT系の業界では、SEやプログラマーなどの他エンジニア職からのジョブチェンジや、働きやすさや待遇改善を求めての転職する人も多く見られます。

企業が先端IT技術を利用したビジネスモデルに変化する必要性が高まっており、それに伴うITアーキテクチャが必要になっています。

そのため、ITアーキテクトのニーズは非常に高く、人材不足もあってIT業界だけでなく他業界からもニーズが高まっている状況です。

ITアーキテクトは技術と実績があれば就職先を探したり、待遇を改善したりするのは難しくなく、安定した職種だといえます。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ITアーキテクトへの転職の志望動機で多いものは?

ITアーキテクトはSEやプログラマーなどの職種からの移行が多いため、「システム開発の上流設計に関わりたい」といったものが多いです。

また、「自分が関わる範囲を広げ、プロジェクトのリーダー的な立場で活躍したい」などポジティブな志望動機も多く見られます。

現職のITアーキテクトが転職する場合は、「自分の得意分野を生かせる業務がしたい」「待遇を改善したい」といった志望動機も多いです。

ITアーキテクトは上級エンジニア職として憧れる人も多く、待遇面での安定感も魅力になっています。

ITアーキテクチャの設計という業務の「影響の大きさ」を志望動機にする人も多く、その仕事のやりがいを求める人も多いようです。

未経験・社会人からITアーキテクトになるには

まったくのIT業務未経験から一足飛びにITアーキテクトになることはできません。

まずはSEやプログラマなど、他のIT職種を経験し、ITの知識や技術を磨くとともに、ITシステムに求められる役割についてよく考える期間が必要です。

ある程度IT業界で経験を積み、システムの統合やソフト開発などの知識を蓄えたエンジニアなら、求人をみつけてITアーキテクトとしての第一歩を踏み出すことができます。

IPAの「システムアーキテクト」資格やその他のIT系専門資格は転職時の助けになるでしょう。

未経験の場合は、最初はアシスタントや小規模案件からのスタートとなり、徐々に実績を積んで一人立ちしていきます。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ITアーキテクトへの転職に必要な資格・有利な資格

ITアーキテクトでは、IPA(情報処理推進機構)の国家資格である「システムアーキテクト」の取得者や取得を目指している人が多いです。

受験料は5700円と安いですが、それなりの経験と知識を有するエンジニアたちが受験しても合格率は15%程度と難易度はかなり高いです。

参考:IPA 情報処理推進機構 システムアーキテクト

未経験の場合は、まずは同じIPAの「応用情報技術者」からチャレンジしていくとよいでしょう。

こちらはITアーキテクトとしての専門性を示すには物足リませんが、ITに関する幅広い知識を高いレベルで有していることを証明してくれます。

受験料も5700円と安く、合格率も20%強ほどで取り組みやすいです。

参考:IPA 情報処理推進機構 応用情報技術者

また、AWSやAzureといったクラウド関連資格の取得者のニーズが高まっているため、有資格者は転職に有利になるでしょう。

ITアーキテクトへの転職に役立つ職務経験は?

ITアーキテクトへの転職では、ソフトワエア開発のSEやプログラマの経験があることが望まれます。

可能であれば、インフラエンジニアも経験しているとよいでしょう。

これらはITアーキテクトが関わる業務の一部を担当しており、ITアーキテクトとして働く上での基礎的な知識や、ITアーキテクト業務の重要性を感じられるからです。

また、ITコンサルタントの経験がある人は顧客ニーズやIT戦略を考える力がつくため、ITアーキテクトとしても活躍が期待できます。

未経験からITアーキテクトを目指す場合は、まずは他のIT職種への就職がスタートになるため、自分のIT知識や非ITの得意分野から自分に合ったIT職種を探しましょう。

ITアーキテクトへの転職面接で気をつけるべきことは?

ITアーキテクトは、IT系の職種の中でも顧客や関係者とのコミュニケーションが頻繁に発生する職種です。

そのため、面接ではIT知識だけでなく、コミュニケーション能力やビジネスマナーもチェックされる傾向にあります。

特にITの専門知識をいかに相手にわかりやすく説明できることが重要で、説明能力を試すためにIT用語や過去の実績について説明を求めるケースも多いです。

アピールポイントを適切に選択したり、相手に合わせて言葉を言い換えたり、数字を使って定量的に表現したりするなど、説明に工夫が求められます。

ITアーキテクトでは関わった案件規模は特に重要ですので、案件の期間や関係者の数、予算や実績、また成果の指標になるような数字はよく整理しておくことが大切です。

ITアーキテクトに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ITアーキテクトに転職可能な年齢には決まりはありません。

求人サイトでの募集要項には45歳までなど年齢制限のある求人もありますが、年齢は特に指定していない求人が多いです。

人材会社では実績やスキルによってもっと上の年代での転職も行われています。

ITアーキテクトの転職では、年齢よりも得意分野と業務のマッチングや、対応できる案件規模、実績などがより重要ですので、年齢は気にする必要はありません。

しかし、他IT職種から新しくITアーキテクトに転職する場合は、できれば40代前半までに転職をしておいた方がよいでしょう。

年齢が高くなると学習速度の低下や、新しい組織への適応に不安があり、企業も採用を躊躇(ちゅうちょ)してしまう傾向があるからです。