保育士の1年の行事にはどんなものがある?

保育園ではさまざまな行事がある

保育園にはたくさんの行事があります。

園によって行事の内容は異なりますが、だいたい以下のようなものが一般的です。

春:入園式・進級式・端午の節句・遠足
夏:七夕・夏祭り・プール開き
秋:運動会、ハロウィン・芋ほり・発表会
冬:クリスマス・もちつき・節分・ひな祭り

遠足やお遊戯会などのほか、お誕生日会、季節の行事(七夕・ひな祭り・クリスマスなど)などもあわせると、毎月のようにたくさんの行事が行われています。

行事は、子どもたちの協調性や社会性を育んでいき、「自分にもできる!」と自信をつけさせるよい機会になりますが、こういったさまざまな行事のために、保育士はその行事の出し物の企画や案を考える必要があります。

また、行事で使う小物を準備したり、保育園の飾りつけなどをしたりするにはそれなりの時間がかかり、まだ仕事そのものに慣れていない保育士にとっては、とくに大変だと感じるかもしれません。

ですが、その行事で子どもたちが大喜びし、成功に終われば、保育士も心から感動し、うれしく感じられるものです。

ここからは、とくに多くの園で行われている代表的な行事を紹介します。

保育園の運動会

運動会は子どもや保育士だけでなく、保護者やご家族の方々もとても楽しみにしている行事のひとつです。

運動会の時期の保育士は、「曲は何にするか」「どんな競技を取り入れるか」「踊りの振り付けはどうするか」など、毎日夜遅くまで悩みながら保育園で試行錯誤しています。

子どもには、運動会に向けて意識を高めていけるように適切な声掛けをしたり、その種目の練習をしていきます。

運動が得意な子もいれば苦手な子もいるため、保育士は一人ひとりの子に合ったかたちで、わかりやすくすべきことを伝え、運動会の種目を当日までに完成させていきます。

運動会の時期に練習をするのが嫌で「行きたくない」と登園拒否をする子もいるため、そような子のフォローも大切です。

運動会当日は、保育士はほぼ休むことなく次の種目の準備・子どもの援助などをしています。

保護者の方とのコミュニケーションを取ることも大事で、このようにしているうちに1日が終わります。

保育園の発表会(生活発表会)

保育園で行われる発表会(生活発表会)とは、子どもたちが日常、保育園で作った工作を展示したり、劇で演技をしたり、楽器演奏や歌を歌ったりする場となります。

保護者にとっては、子どもの1年間の大きな成長を実感できる絶好の機会となり、この行事を楽しみにしている保護者も大勢います。

一方の保育士としては、まず年齢に応じた出し物を考えて、自分たちで劇などで使う衣装や小道具も用意しなくてはならないため、発表会前はとくに忙しくなるでしょう。

この時期には夜遅くまで残って準備をする保育士も増えるようです。

しかし、子どもたちのイキイキとした様子に触れ、発表という機会を通して子どもが自信をつけていく姿を見られることは、保育士にとっても大きな喜びとなります。