ゲームプログラマーの勤務先と仕事内容の違い

ゲームプログラマーの勤務先・働き方の種類

名の通った大企業・中堅企業

ゲームプログラマーの勤務先としてまず挙げられるのは、有名なゲーム会社です。

日本のゲーム業界を牽引する大手ゲーム会社は、収入など待遇もよく、豊富な予算で大きなスケールのゲームタイトルを手がけられるため、ゲームプログラマーにとって魅力的な職場であることは間違いないでしょう。

一方で、入社希望者が多いため、入社までのハードルは非常に高いといえます。とはいえ、見事入社できれば、ゲームプログラマーとして充実したキャリアを追求できるはずです。

スマートフォン向けゲームも選択肢のひとつ

スマートフォンの普及により、今では据え置き型ゲーム機と並んで人気が高いのがスマホゲームです。このスマホゲームを作る新興のゲーム会社も、ゲームプログラマーにとって挑戦しがいのある勤務先でしょう。

スマホゲームは、ハード機専用のゲームと比べて低コスト・短期間で開発でき、シンプルな構成でもユニークなアイデアで大ヒットが狙えることもあり、ゲームプログラマーの間でも就職先として人気が高まっています。

ゲーム市場としては今後さらに拡大が見込まれる新しいマーケットであるため、斬新なアイデアや挑戦のマインドにあふれた方におすすめです。

オンラインゲーム業界は門戸が狭い

パソコンで同期通信をしてプレイするオンラインゲームも、世界的に人気が高まっている分野です。ただ、就職先として考えた場合、日本ではオンラインゲームのゲームプログラマーはチャンスが多いとはいえません。

というのも、オンラインゲームの大半は海外で製作されており、日本のゲーム会社はこの市場であまり強いプレイヤーではないためです。

よって採用人数も限定的であり、入口が非常に狭くなっています。

ゲームプログラマーの仕事内容

コンシューマー向けゲーム会社で働くゲームプログラマー

会社の数・採用数とも多くない

コンシューマー向けゲーム会社とは、家庭用ゲーム機のゲームソフトを作っている会社を指します。

基本的に大手企業が多いものの、急激な勢いで成長してマーケットが拡大しているスマホゲーム会社と比べると、会社の数も採用人数も少なくなっています。

特定の仕事に集中しやすい

こうしたゲーム会社は長い歴史のある企業が多いため、社内での分業体制がきちんと決まっていることがほとんどです。

業務範囲が決まっているため、プログラミングなど特定の業務に集中しやすい環境であるものの、一方でその他の幅広い業務経験が積みにくいというデメリットもあります。

給与や労働時間などの待遇は良い

とはいえ、大手であれば業績も比較的安定しており、平均よりも高い水準の給与が得られたり、納期直前以外はそこまでの激務ではないなど、よい点もたくさんあります。

完璧な仕事が求められる

コンシューマー向けのゲームはオンラインゲームと違い、一度リリースしてしまえば、開発企業が手直しすることができなくなります。

そのため、ゲームプログラマーは仕様書に沿って、正確で慎重なプログラミングを行うことが求められます。

スマホ向けゲーム会社で働くゲームプログラマー

拡大を続ける成長市場

スマートフォン上で稼働するWebやアプリのゲームを作る会社が、スマホ向けゲーム会社です。

まだまだ新しい市場ながら、ユーザー数の増加によって急激に成長しており、参入プレイヤー数もゲームプログラマーの採用数も多くなっています。

スマホ向けゲームはヒットすれば大きな利益が見込めるため、ヒット作を持つ企業であればテレビCMなども大胆に打っており、既存の大手ゲーム会社と肩を並べる知名度を誇る新興企業も増えています。

さまざまな業務を経験できる

急成長市場とはいえ、参入各社はそれぞれ新興プレイヤーが多く、規模が大きくてもベンチャーマインドを持った企業が大半といえるでしょう。

そのため、各社ともベンチャーらしいスピード感があり、業務の幅も個人の能力や希望によって広げることができるため、多様な業務経験を積むことが可能となります。

プログラミングだけでなく、企画やマーケティングといった上流のディレクション業務も経験してキャリアの可能性を広げたい方にはおすすめです。

柔軟性やスピード感が必要

スマホ向けゲームでは、ゲームタイトルが続く限り、リリース後もメンテナンスが必要となります。

バグの修正はもちろん、新機能や新キャラの投入、ユーザーに利用を促すイベントの追加など、リリース後も継続して開発を行うことになるのです。

リリースがゴールではないため、完璧でミスのないゲームを作ることよりも、スピード感を持って開発を進め、ユーザーを飽きさせない施策を次々と投入するアイデアが重視されます。

そのため、常に新しいアイデアに対応する柔軟性とスピードが何よりも求められるのです。

オンラインゲーム会社で働くゲームプログラマー

就職先としてはメジャーではない

オンラインゲームは圧倒的に海外勢が強いため、日本にはオンラインゲームを手がけている企業自体が多くありません。

また、オンラインゲームで大きな収益を上げている企業も少数のため、ゲームプログラマーとして採用されるチャンスは、スマホ向けゲーム会社などと比べて小さいでしょう。

常にメンテナンスが必要

オンラインゲームは、スマホ向けゲームと同様に、リリース後の機能追加やイベント実施などのメンテナスが必要となります。

そのため、ゲームプログラマーは常に追加の開発や保守にあたることになります。また、ユーザーの同時接続が増えるとサーバーへの負荷も高まるため、安定した接続を維持するための対応なども必要となってきます。

独立・開業して働くゲームプログラマー

独立しやすい環境が整ってきている

高い技術力を持つゲームプログラマーであれば、独立してフリーランスとして働くことも可能です。実際に独立開業して、会社員時代よりも収入を得ているゲームプログラマーも少なくありません。

また、近年ではクラウドソーシングをはじめ、フリーランスの活動を支援するサービスも多数生まれており、顧客とのツテがなくてもフリーランスとして独立しやすい環境になってきているといえるでしょう。

会社を興すなら人脈や営業経験が大切

一方で、従業員を雇ってゲーム会社を興したいのであれば、それなりに大きな資金や顧客が必要になりますので、取引先を開拓する営業力や、仕事を回してもらう人脈があるほうが有利なスタートを切れるでしょう。

また、社長として社員をマネジメントしていく場合は、ゲームプログラマーとしての手腕以上に、経営やリーダーシップのスキルが重要となってくるため、独立開業の際は自身の現状のスキルがどのようなものなのかを見極める必要があります。