仕事体験談

やればやっただけ稼げる職種

回答者 : バリキンさん(男性/53歳)

職業名 : 遊戯製造機メーカー 営業現在の状態 : 経験者経験年数 : 10年

仕事内容
大学卒業後一貫して営業職に就いていた私は、転職の際もやりがいのある営業職を探していました。

当時、遊技機製造メーカーが直の販社を東京で立ち上げるという募集を知り、また、募集広告の業界を変えたい!という想いに賛同し応募の結果、見事採用されました。

その後退社までの10年間は、一介の栃木地区担当の営業マンから2年で東京営業所長になり、その2年後本社に栄転して法人営業室長になり、全国大手の顧客を担当しました。

また、全国各地の営業所の立ち上げにも携わっていました。
仕事のやりがい
トップの想いを共有できて、共に走りながら仕事ができているという実感を持てていることがやりがいです。

入社当時、メーカー初の営業販社だったということもあり、まだ営業マンが7人でした。

本社の期待も大きく、毎日本社のトップの人間と連絡を密に取り合い、モチベーションは常に高かったのを覚えています。

そんなとき、販社初の台を販売したのが私で、そのときの電話越しの専務さんの喜びようは、今も私の心の中に鮮明に残っており、思い出すと今でも嬉しさが蘇ってきます。
覚悟しておいた方がいいこと
正直、今この業界は厳しい状況であるのは間違いないでしょう。

営業という職種なだけに、台が売れなければ収入もあがりません。

また、移動時は車が多く自己管理が必要になってくるのと、時間も不規則です。

最後に、取引先さんの担当者がみな個性的な方が多い業界だということ。

役職的には、少なくとも店長さん、あるいは直でオーナーさんか本社の機械担当さんになります。

もちろん機械の良し悪しも大事ですが、よりこちらの人間力が問われる仕事だと思われます。
給料・待遇
入社時の年齢は32歳で月収18万(手取り)前後+歩合からのスタートでした。

2年後からの営業所長時は、月収30万(手取り)+歩合で、ボーナス年2回(各1.5か月分平均)で、年収700万程度でした。

4年後からの法人営業室長時は月収40万(手取り)+歩合で、ボーナス年2回(各1.5か月分)で、年収1000万程度でした。
この職業の恋愛・結婚事情
これは私事になりますので、みんながそうではないと思われますのでご注意ください。

法人室長時は、とにかく出張が多く自宅にいるのは月4~5日程度でした。

また、当時住んでいたのは本社のそばで、私の地元ではなく会社の人間以外は知り合いがいない状況でした。

なので、仕事一辺倒の人間になってしまった私は、彼女を作る時間も暇も場所もなく、どこにいても夜の街に出てただただ飲み歩く生活を送っておりました。

それが原因で今はその仕事を辞め、自分の時間を大事にできる仕事につき、最愛の妻と一緒に幸せな生活を送っております。
この職業を目指す人へのメッセージ
この業界が好きで、人当たりのいい方であれば、やればやっただけ稼げる職種です。

顧客の方も難しい方が多いですが、逆を言えばクセがあって、いろんな人生経験を積んでいる味のある方が多いです。

そういう方たちと仲良くなりながら、仕事としての成果も出し、成果が出ればかなりの収入が見込めます。

最後に…この業界は酒豪が多いです(笑)

お身体に十分気をつけてくださいね。