テレビディレクターの活躍の場、就職先

ディレクターの活躍の場

テレビ番組の演出を手がけるテレビディレクターは、どのような場で活躍するのでしょうか?主な仕事場所は、テレビ局・テレビ番組制作会社です。

番組企画会議から始まり、ロケ・スタジオ収録を経て、編集し、放送される映像を作り上げていくのがディレクターの仕事です。つまり、番組づくりのスタートからゴールまですべてに関わるということです。

ディレクターは番組制作において、絶対的に欠かせない存在と言えるでしょう。ディレクターがしっかりと演出しなければ、おもしろい番組は作ることができません。番組制作すべての過程で、活躍しなければならないということです。

まずは局や制作会社に就職

では、テレビディレクターになるには、どこに就職すれば良いのでしょうか?現在活躍しているディレクターのほとんどは、テレビ局、もしくは、テレビ番組制作会社に就職しています。

就職後、まずはアシスタントディレクター(AD)として、番組制作の経験を積みます。人によって異なりますが、その後、3年から5年でディレクターになり、番組内コーナーや番組の演出を始めます。

現場には、フリーのディレクターもたくさんいます。たいていの場合、彼らはテレビ局や制作会社に就職した後、会社から独立しているのです。

すべてはディレクターに掛かっている

番組を作る上で、制作チームにはディレクターの他にプロデューサー・アシスタントディレクター・放送作家がいます。基本的には、全員で番組企画を考え、どのような番組を作るのかを決定します。

しかしながら、ロケ現場でカメラマンや出演者に指示し、どんな画を撮るのかを具体的に決めていくのはディレクターの仕事です。

現場でディレクターが指揮をとれず良い画が撮れないと、どんな良い企画でも形にはなりません。ロケ現場の他にも、スタジオ収録・編集でディレクターがきちんとディレクションし活躍しなければ、制作に費やしたすべてが水の泡になるのです。

仕事体験談