通訳になるには

外国語を深く学ぶ

通訳として働く上で、必須となる資格はありません。

極端な話、「私は通訳です」と言ってしまえば誰でもなることはできますが、通訳は高度な語学力と適応能力が求められる仕事です。

非常に高い語学力が必要とされるため、外国語系の大学や大学の外国語学科などで、語学を学んでおいたほうがいいでしょう。

留学をして、語学だけでなくその国の文化や習慣を学ぶことも非常に有効です。また、通訳には訓練が必要なため、現在働いている人の多くは、通訳の養成スクールで学んだ経験を持っています。

ここでは、通訳者として働くまでの道のりを紹介します。

語学学校・通訳養成学校に通う

通訳になるためには、当然ながら語学が堪能でなければなりません。

語学大学などには通訳者を育成するコースもありますが、このコースを受けたからといって通訳になれるわけではありません。

通訳として生計を立てる能力を身につけるのであれば、大学で学ぶ以上の語学力が必要となります。

多くの人が卒業後、別の企業に就職した後などに民間の通訳専門学校などに通い、さらに高いレベルの語学の勉強をしています。

通訳としての仕事の基礎を勉強できるので、現在通訳として活躍されている方のほとんどが、このような養成学校で学んでいます。

留学

通訳の仕事をする場合、相手はわかりやすく気を遣って喋ってくれる人ばかりではありません。

本当のネイティブに耳を馴らすために、養成学校を卒業後に留学をされている人も多くいますし、逆に留学したのちに養成学校に通う人もいます。

通訳として働く

通訳としての資質を手に入れたら、次は業務です。

通訳として働くためには、通訳のエージェントや派遣会社に登録し、仕事を斡旋してもらうという方法が一般的です。

常に需要があるという仕事ではなく、企業内の通訳者として正社員として働いている人はごくわずかです。

中には、フリーとして通訳の仕事をしている方もいますが、現場での経験を多数積む必要があるでしょう。

この業界は、仕事をしながら勉強も続けなくてはいけません。常に国際状況や情報を頭に入れておく柔軟性も求められます。

通訳に求められる能力

通訳は高い語学力が必要というだけではありません。ちょっとした言葉のニュアンスの違いが誤解を招いてしまうこともあるため、話し手の感情や雰囲気を察する観察力も必要となります。

また、公の場で通訳することが多いため、礼儀正しくマナーを守れることが求められます。

会議などでは話の内容も高度になるということもあり、理解力や頭の回転の速さも必要となります。

通訳の今後の見通し

グローバル化が進み、通訳の仕事も増えてきている状況ですが、高度な技術を要するということもあり、必要なスキルを持った人材が足りていません。

とくに新興国の通訳をすることができる人材が求められています。

通訳の需要は高まっているといえますが、機械翻訳の飛躍的な進歩が今後の通訳の仕事に影響を与えるかもしれません。