通訳になるための大学、スクール、専門学校

いま、通訳者として活躍している人の多くが、通訳の専門・養成学校やスクールを卒業しています。

通訳になるうええ、必ず「この学校を出ていなければならない」ということはありませんが、高い語学力などが求められる仕事であるため、実際には専門の養成学校で通訳に必要なスキルを学ぶのが近道となるでしょう。

なお、通訳の養成学校のなかには、英検の1級レベルを持ち合わせていなければ入学できないところもあり、誰でも入学できるとは限りません。

そのため、高校卒業後に外国語大学や一般的な大学の語学系学部に進学して語学力を高め、それから通訳の養成学校に入る人もいます。

養成学校選びのポイント

設立されたばかりの新校となると話は変わりますが、歴史と実績が伴っている養成学校であれば、すでに現場で活躍している通訳者や翻訳者を多数輩出しています。

卒業生の活躍状況を調べることによって、ある程度、どのような分野に強い学校か知ることができるでしょう。

また、講師陣のラインナップも重要です。著名な先生であればよいというわけではありませんが、現役で通訳をしているのか、実績を持っているのかなども、注意して調べてみるとよいでしょう。

講師が素晴らしい仕事をされている方であれば、きっと将来的に励みとなる大切な教えをいただけるでしょう。

外国語大学や語学系学部で学ぶメリット

通訳者の輩出を目指す専門学校やスクールと、外国語大学や一般大学の語学系学部の大きな違いは、大学の場合、語学以外にも幅広い教養を身につけることができるという点にあるといえます。

語学だけではなく、社会学、心理学、政治学、経済学、文学など「一般教養」といわれる科目も受講することになり、さまざまな知識を身につけながら見聞を広めていくことが可能です。

とくに四年制大学であれば、4年間という長い時間をかけて大学生活を送るため、その間にアルバイト、ボランティア活動、短期の海外留学や旅行など、多様な経験を積むこともできるはずです。

もちろん、短期間で学ぶスクールよりもお金も時間もかかりますが、大学生活中に培ったものは、通訳になってからも役立たせることができるでしょう。

学ぶうえで大切にしたいこと

どのような通訳の養成学校に通ったとしても、通訳の基礎を習うことはできます。しかし、通訳として大切なことは、現場でいかに経験を積めるかです。

そのため、学校選びのポイントのひとつとして、「OJT(実務訓練)」が充実しているかどうかに注目するとよいでしょう。

企業へ就職する際、あるいは通訳として派遣会社に登録をする際にも実務訓練のことは履歴書に明記できるため、その質が高ければ高いほど有利に働くでしょう。

さらに、エージェント会社と提携して営業している学校であった場合、卒業後の仕事を斡旋してくれる場合もあり、ぜひ有効に活用していきたいところです。

どこの学校でも自分自身で努力する姿勢は不可欠ですが、通訳の仕事では、知識以外にも人脈や運、適応能力が求められます。

自分の一生を左右するかもしれない学校選びです。手を抜かず、実際に見学に行くなどしてじっくり検討していくことが重要です。