ツアーコンダクターの仕事内容

旅行客の案内役を務める

ツアーコンダクターは、旅行会社のパック旅行や団体旅行に同行し、旅行客の案内をする仕事です。「添乗員」と呼ばれることもあります。

旅行会社に所属して働く人もいれば、ツアーコンダクター専門の派遣会社等に登録し、ツアーごとに依頼を受けて働く、いわゆるフリーランスのツアーコンダクターもいます。

ツアーコンダクターの仕事は、出発前の事前準備から始まります。

自分が添乗するツアーが決まったら、まず旅行会社の関係部署と打ち合わせを行い、旅行先の情報を調べたり、航空券やツアー客のリストを確認します。

また、必要があれば現地のスタッフに自ら確認をとることもあります。

安全で楽しい旅行になるためのサポート

ツアーに同行するときは、出発から到着まで気の抜けない時間が続きます。

ツアーの集合場所に着くと、ツアー名簿を確認しながらツアー客が揃っているかどうか確認をとります。その後、旅行中の注意事項を説明したり、空港での出入国手続きのサポートを行います。

目的地に到着した後は、ホテルでのチェックインやチェックアウト、現地スタッフと観光スケジュールの打ち合わせ、ツアー客に対しての観光案内、また自由行動の注意点や集合場所についての説明などを行います。

ツアー客が自由に観光や買い物をしている間も、休む暇はありません。次の目的地への準備や事務作業など、さまざまな業務があります。

また、ツアー客からの問い合わせや要望に随時応えていくことも大事な仕事ですし、万が一体調を崩した人がいたら、すぐに様子を確認したり、現地の病院を紹介するなどをして対処します。

とくに海外旅行では盗難などのトラブルが起こることも多いため、常に気を配っていなくてはなりません。

旅が安全で楽しいものになるよう、いつも一歩先を見据えながら指揮をとっていきます。

ツアー終了後も仕事がある

無事にツアーが終わったら、清算作業や報告書の作成を行います。ツアー中に起こった出来事やトラブルなどは、すべて書類にまとめて会社に報告します。

こうした一連の流れをこなして、一つのツアーは終了となります。たくさんのツアーが予定される繁忙期には、ツアーの添乗中に事務処理をこなしたりと、とても忙しい毎日を送ることもあります。