作詞家になるには

作詞家になるためにはどうしたらいいのでしょうか?作詞家になるためには、さまざまな入り口があり決まったルートはありません。ここでは、その方法のいくつかを紹介していきます。

音楽系の専門学校に入る

音楽系の専門学校には作詞家を目指すためのコースがあります。

そういった場所で専門の基礎を身につけて将来作詞家を目指す、といった方法があります。

しかし、作詞家には免許も資格も必要ありませんので、通っていたからといって必ずしも作詞家になれるわけではありません。

ただし、音楽業界の基礎知識であったり、同じ夢を持つ人との人脈などは広がるので、メリットも多くあることも事実です。

コンテストなどで優勝する

実は、作詞家として継続してヒットを飛ばせる人はあまりいません。そのため、レコード会社などは常に新しい才能を求めてコンテストを開催しています。

こういったコンテストに作品を応募して、作詞家の業界に足を踏み入れるといった方法があります。

基本的にはj-pop系統の内容の募集が多いので親しみやすく、作りやすくはなっています。

しかし、曲にのせて歌入れしてあるデモテープでの応募形式が多いため、外部の人に歌ってもらったり、自分で歌ったりしなければならず、録音についてもある程度の知識が必要となります。

近年、素人でもハイクオリティな楽曲が安価で制作できるようになっているため、レコード会社などではクオリティが低いものには見向きもされない場合も多く、作詞だけでの才能ではコンテストの関門は潜り抜けることが難しいとされています。

音楽業界を通じて作詞家になる

作詞家になるためには、音楽業界に精通していることも重要です。

たとえば自分でバンドをしていたり、楽曲制作をしていることで発表の場を広げていきレコード会社から声をかけてもらうといった方法があります。

今は少なくなりましたが、作詞家への弟子入りを経て多くの制作を経験していく方法、さらには業界の知人などを通じて直接レコード会社へ売り込む方法などです。

ミュージシャンとして活動していた方が、歌詞の才能を認められそのまま作詞家になるといったことも多くあります。

しかし、特殊なルートである上に、才能が元々あることが前提ですので、上記の方法を実践することは簡単ではありません。

近年では、売り込みを専門にしている有料のプロダクションなども多くありますので、作詞家を目指すのであれば利用できるものは積極的に利用していくことが必要でしょう。