落語家の仕事内容

オチのつく噺家(はなしか)

落語家は落語を演じるのが仕事です。落語とは、最後に落ち(オチ/下げ)がつく噺(はなし)のことで、江戸時代に成立したとされる伝統芸能のひとつです。

歌舞伎や能楽といったほかの伝統芸能とは異なり、ときには扇子や手ぬぐいなどを使いますが、基本的には身ぶり、手ぶりを交えながらひとりで何役もこなす話芸です。

落語家は寄席(よせ)などの演芸場で高座(こうざ/舞台)に上がって落語を演じますが、1925年(大正14年)以降はラジオ、1953年(昭和28年)以降はテレビでも活躍するようになりました。

「真打(しんうち/師匠)」の落語家であれば流派の定席(じょうせき/常設)の寄席でトリ(最終演者)を務めますが、「二つ目(ふたつめ)」の場合は自分で高座を探さなければなりません。

テレビやラジオの現場に売り込んだり、落語会を自ら開催したり、ほかの落語家が主催する落語会に出演したりします。こうした営業も二つ目の落語家には重要な仕事になります。

古典落語の稽古と新作落語の創作

落語にはさまざまな演目(ネタ)がありますが、伝統的な「古典落語」と新たに創作された「新作落語」に大きく分けられます。

ただし古典落語も作られたばかりのときは新作ですから、どの時代から新作落語というかなど明確な線引きは難しいといわれています。

ともあれ落語家は演目を演じるため稽古をするとともに、場合によっては新作落語を自ら創作する必要があります。いずれにしても落語そのものを研究し続けなければなりません。

噺(はなし)の内容としては、いわゆる落とし噺(滑稽噺)のほか、人情噺、芝居噺、怪談噺なども落語に含まれます。

初級者は前座噺や旅ネタを演じることが多く、難易度の高い演目は大ネタと呼ばれます。

噺の構成は、マクラ、本題、落ち(オチ/下げ)になります。落とし噺のオチだけでも非常にたくさんの種類があります。まずは、にわかオチ(地口オチ)と考えオチに大きくわけられます。

そのほか、拍子オチ、逆さオチ、まわりオチ、見立てオチ、まぬけオチ、トントン落ち、とたんオチ、ぶっつけオチ、仕草オチ、冗談オチなどがあります。

「伝承」と「伝統」には違いがあり、「伝承」とは古くからあるものをそのまま継承することですが、「伝統」とは革新の連続であるという話があります。

落語は“伝統”芸能ですから、噺の内容やオチの種類さえも時代とともに進化を遂げています。

こうした革新を起こすことも落語家にとっては壮大な使命であるといえるでしょう。