ピアニストの生活

優雅なイメージのあるピアニストですが、演奏旅行で忙しい人から、仕事をかけもちする人まで、生活スタイルはさまざまです。

その中でも練習を欠かせないのが、ピアニストの日常といえるでしょう。

演奏ピアニストの生活

各地を演奏会で飛びまわるような、多忙なピアニストの場合、生活はコンサートのための練習と、移動が主になります。

ピアニストによっては、年間公演数が50を越えることも珍しくありません。一年の中では、秋ごろにコンサートが多い傾向にありますが、人気ピアニストは年中、繁忙期といえます。

講師の仕事もしている場合は、昼間に音大や学校などで教え、夕方からは自宅で生徒にレッスンを行う人もいます。その合間に、自分の演奏会のための練習などもします。

また、数々のコンサートを鑑賞しに行ったり、音楽家同士の集まりに参加して、交友を深めることもあるでしょう。

音楽の世界では、人とのつながりも大切な要素なのです。

スケジュールは十人十色

夜に、バーやラウンジなどで演奏するピアニストは、昼間はちがう仕事をしている人も多くいます。

音楽教室で教えたり、色々なイベントで弾いたり、オーディションやコンクールに参加することもあるでしょう。

もしくは、まったく音楽とは関係のない仕事をしている人もいます。その合間を縫って、ピアノの練習をする生活です。

スタジオミュージシャンなども、仕事の依頼に合わせ、不規則なスケジュールになります。また、アーティストのツアーに同行するなど、頻繁に移動するピアニストもいます。

基本的にピアニストには、決まった休みというものは少なく、その日の仕事によって柔軟に動くことが求められます。

生活の中で気をつけていること

ピアニストの日常では、当たり前のことながら、手や指のケガには常に注意しなくてはいけません。

本番を控えている時には特に、刃物やハサミなど、危険なものには一切触れない人も多いといいます。

また、練習のしすぎで、腱鞘炎に悩むピアニストもいます。手を酷使しないように、コンサートが近づくと、逆に練習量を減らす人もいるようです。