ピアニストになるには

ピアニストになるのに、資格や免許は必要ありません。しかし多くの場合は、幼少のころからピアノを習い、音楽大学に進学し、ピアノ科を専攻するパターンが多いです。

音大に進学する

クラシックのピアニストを目指す場合、音大受験が最初の関門です。

音大を目指すとなると、受験生を指導できる先生に師事する必要があります。そして、なるべく早い段階から準備をし、相当量の練習をすることになります。

楽典の勉強や、ソルフェージュ(聴音・初見歌唱)のレッスンも必須です。

音大に進学してからは、さまざまなコンクールに出場して経験を積みます。卒業後は海外留学をする人も多く見られます。

コンクールでの入賞

もっともピアニストへの道が開かれやすいのは、世界的なコンクールで入賞することです。

「ショパン国際ピアノコンクール」「チャイコフスキー国際コンクール」「エリザベート王妃国際音楽コンクール」が、世界三大といわれています。

既にプロの演奏家として活躍している人も参加してくる、ハイレベルな舞台なので、入賞するだけでも注目されることになります。

クラシックのピアニストを目指す人たちの多くが、数々のコンクールに出場して、実績と知名度を上げていきます。

その他のジャンルの場合

ポピュラーやジャズのピアニストを目指す場合も、音大であれ独学であれ、ピアノの演奏経験を積んでいることが前提になります。

実際は、小さいころからクラシックピアノを習っている中で、他ジャンルに転向するパターンが多いでしょう。

そのため、音大進学までの道のりは、クラシックの場合と同じであったりします。

またジャズでは、アメリカの「バークリー音楽大学」に留学するのも王道の一つです。

その後はオーディションを受けたり、音楽事務所にデモテープを送るなど、積極的に行動してチャンスをつかみます。とにかく演奏を評価してもらう場に出て、人脈を広げるのが大切です。

またはライブハウスなどの専属ミュージシャンに志願するなど、クラシック以外のピアニストへの道は十人十色といえるでしょう。

演奏技術を高める

スタジオミュージシャンなどの場合は特に、いかに要求に応えられるかが問われます。クラブなどで演奏する時も、ピアニストと聞けば、どんな曲でも弾けると思われるものです。

「これしか弾けない」というのでは、仕事の幅を狭めてしまいます。

ピアノで生計を立てるためには、たゆまず自分のスキルを磨き、あらゆるニーズに応えられるようにすることが重要です。