ピアニストの現状と将来性

ピアニストとして生計を立てるのは、決して楽なことではありません。大半の人が、何らかの副業を持ちながら、演奏活動を続けていきます。

演奏ピアニストは狭き門

誰もが想像できることですが、コンサートの演奏だけで生計を立てられるピアニストは、全体のうちのごくわずかです。

ハイレベルな演奏者の集まるコンクールで優勝するなど、世界を舞台にした、厳しい競争に勝たなければいけません。

「ピアノを弾く」だけで生活できるのは、どんなに才能があっても簡単なことではないのが現状です。それはクラシックであっても、その他のジャンルでも同じです。

「教える仕事」と両立する

多くのピアニストは、講師としての副業を持っています。経験やスキルを生かして、生徒にピアノを教えながら、自分自身の演奏活動を行います。

リサイタルを開けるようなピアニストであっても、講師をしていることは決して珍しくありません。

音大を卒業した人でも、いずれ演奏から離れ、教える仕事に落ち着くパターンは多いものです。

しかし、あきらめずに自分の演奏も続けていれば、コンサートや、さまざまなイベントなどでピアノを弾く機会は得られますし、講師としての人気にもつながります。

仕事のかけもちは当たり前

クラシック以外のピアニストでも、他の仕事をかけもちする場合が多いでしょう。

レストランやバーで演奏する仕事や、音楽教室で教える仕事、または音楽とはまったく関係のない副業をする人もいます。

スタジオミュージシャンなどは、相当な才能があり、業界での評価が高ければ、それ一本でやっていける場合もあります。

ただし、演奏技術の高さはもちろんのこと、初見ですぐに弾けること、要求に即座にこたえられる柔軟性など、幅広い才能が求められます。

よほど恵まれた人以外は、あらゆる仕事をしながら、大好きなピアノに携わっていきます。

「何よりもピアノが好き」という気持ちがなければ、とても続けられないのは確かです。

ピアニストの将来

現代は変化の激しい時代ではありますが、ピアニストは今後もそれほど変わりはないと考えられます。

とくにクラシックは、何百年も前の曲を、その時代のピアニストが演奏しつづけています。今後もピアニストの演奏が人々の心を打つことでしょう。

ただし、少子化の流れが続く限り、ピアノを教えるという職に関しては、年々厳しくなっていくかもしれません。

プロとして生き残るためには、ますます多くの努力が必要になっていくといえるでしょう。