パラリーガルの仕事内容

パラリーガルとは

「パラリーガル」は「法律事務」とも呼ばれ、一般に、弁護士の監督の下で法務に関する事務業務を行う、リーガルアシスタントを意味するとされています。

日本国内においては、最難関の国家試験を突破しないとなれない弁護士やその他資格を必要とする法律職と異なり、パラリーガルになるためには特別な公的資格を取得することが必要とはされていません。

パラリーガルの勤務先

パラリーガルは弁護士のアシスタント職のため、勤務先としては主に法律事務所となります。

その他、司法書士事務所、行政書士事務所、社労士事務所などでパラリーガルとして法律事務を行うケースもあります。

最近では、企業の法務部や保険会社、銀行の信託部門、病院、不動産会社、政府機関などで働くパラリーガルも増えつつあります。

秘書業務を兼ねることも多い

パラリーガルの仕事内容や待遇については、事務所の方針や取り扱う分野などによって大きく異なっています。

国内にある多くの法律事務所は、弁護士1名~数名と事務員からなる小規模法律事務所です。

そのような事務所で働く場合、パラリーガルは弁護士のスケジュール管理・調整、郵便管理や、裁判所等への書類の提出、クライアントとの連絡、応接業務といった秘書業務の仕事と法律事務を幅広く兼務することがほとんどでしょう。

法律事務業務は、たとえば、弁護士の作成した訴状などについて文章にミスがないかの確認や、判例や法令などの検索、戸籍などの取り寄せ、その他裁判所への提出文書の作成などを行います。

法律事務はすべて弁護士が行うケースから、ほとんどをパラリーガルに任せてしまうケースまで、どこまでをパラリーガルが行うかどうかは事務所の方針によるところが大きいでしょう。

高い専門性をもつパラリーガル

複数の弁護士が勤務するような大手の法律事務所では、弁護士秘書の業務とパラリーガルの業務を分けていることが多くなっています。

たとえば企業法務を取り扱う法律事務所では、複数名のパラリーガルと弁護士でチームを組み、パラリーガルは、例えば会社設立の手続きや株主総会の議事録作成、商業登記の申請手続きなどを担うケースがあります。

またM&A(企業の合併、買収)を担当する場合には、買収する会社のデューディリジェンス(法的監査)に携わり、さまざまな調査を行います。

その他金融法務を手掛ける法律事務所では、外国のクライアントの業務も多く、パラリーガルは金融商品取引法などに深く関わります。

また契約書、目論見書といったもの英訳するなど、日常的に高度な英語力が必要とされる場面もあるでしょう。