音楽家の仕事内容

音楽家の定義

みなさんは「音楽家」と聞いて、どのような人が思い浮かぶでしょうか?

辞書などでは「音楽を専門とする人」と定義されていますが、特にピアノやヴァイオリンなどの器楽奏者、声楽家、作曲家、指揮者など、「クラシック」の分野で活動する人のことをこう呼ぶことが多くなっています。

では、音楽家は世の中でどのような役割を担い、どのような仕事をしているのかご紹介していきましょう。

音楽で人々に感動を与える

音楽家といっても、先に挙げたように楽器を演奏する人もいれば作曲をする人もおり、具体的な仕事内容はそれぞれで異なります。しかし、音楽家全般に共通して言える大きな役割は、「芸術作品である音楽を聴衆に伝え、感動を与える」ことです。

音楽家たちは、ただ自分自身のためだけに演奏(作曲)するのではなく、人々に音楽を通して感動を与えるために日々鍛錬を重ね、表現力や技術を磨いています。

自分の音楽でどれだけ人の心を動かすことができるのか。音楽には絶対的な正解というものがない以上、それは音楽家が生涯を通じて追求し続けていく課題と言えるでしょう。

演奏活動と後進の指導

音楽家の主な仕事は、演奏会やコンサートで演奏することです。自分一人だけで開く演奏会もあれば、オーケストラに所属して他の音楽家と一緒に演奏することもあります。また、CDを出すためのレコーディング、テレビ出演などを行うこともあります。

腕が認められれば活動の範囲は日本に留まらず、世界を股にかけることも可能です。

一方、音楽大学や個人レッスンなどで後進の指導を行う人もいます。一般的に音楽家を目指す場合、よい指導者に付き、きちんとした指導を受けることが必要とされています。そのため、次世代の音楽家を育てるためにも、現役の優秀な音楽家の力が欠かせません。