音楽家になるには

音楽の基礎を学ぶ

音楽家になるために、絶対に必要な学歴や資格はありません。音楽は実力主義の世界であるため、才能に恵まれている人であれば、特別な指導を受けずに成功してしまう可能性もあります。

しかし、音楽家を目指して日夜努力を続ける人が多くいるにもかかわらず、この仕事で生計を立てていけるだけの存在になれるのは、ほんの限られた人だけです。

特にクラシック音楽は、長い歴史の中で作られた理論やルールに基づいて演奏するため、できるだけ早い段階で、きちんとした指導を受けることが必要です。

音楽が学べる学校

音楽家を目指す人は幼少期から音楽の個人レッスンを受け、高校卒業後に音楽大学や一般大学・短大の芸術系学部、また音楽系の課程を置く専門学校に入学するケースが多いです。

音大の入学試験でも音楽の知識や技術が問われるため、まったくの素人が突然受験するというのは難しいでしょう。実際、数年間浪人をして技術を身につけ、合格を目指す人も多々います。

日本には国立の東京藝術大学を筆頭に、数々の音楽大学がありますが、大学名よりも在学中にどれだけ力を身につけられるかが大切です。しかし、難関大学では著名な音楽家を数多く輩出しており、ハイレベルの指導が受けられるという面では有利と言えるでしょう。

そして在学中や卒業後に国内外のコンクールを受け、上位入賞することがプロになるための第一関門となります。特に一流ソリスト(独奏者)を目指すのであれば、コンクールは避けられません。

並行して個人レッスンを受ける

音楽家として大成できるかどうかは、指導者選びが非常に重要な要素を占めると言われます。学校に在学することと並行して、著名な指導者の個人レッスンを受ける人も少なくありません。

指導者選びの際には「一流の演奏家が、必ずしも一流の指導者ではない」という点を押さえておく必要があります。また、正しい技術を教えてもらえると同時に、人間的に合うか、自分の可能性を引き出してくれるかどうかといった点も大切です。

もちろん、いくら素晴らしい指導者に師事しても、自分の努力なくして成功することはできません。

海外留学する人も

中にはヨーロッパやアメリカなど、海外の音楽学校で学ぶ人もいます。一概に日本より海外が有利というわけではありませんが、世界中の優秀な音楽家の卵たちと肩を並べて切磋琢磨したり、視野を広げたりすることは、可能性を広げるきっかけにもなるでしょう。

いずれにせよ、プロになるまでには多くのお金と時間がかかります。