脚本家の仕事内容

物語の設計をする

脚本家とは、脚本を書き、基本的なストーリー骨組みと進行を作ったり、物語の設計を担当する仕事です。

その活動の幅はテレビドラマや映画、舞台演劇、ラジオドラマ、漫画、アニメ、テレビゲームやインターネットのソーシャルゲームに至るまで多岐にわたります。

脚本の内容は基本となるストーリーの展開の中に、登場人物から舞台設定、アクション、セリフ、心理、などドラマの要素となるものすべてを盛り込んでいきます。

脚本はオリジナルで書くこともあれば、マンガや小説を原作として脚本を書くこともあります。

脚本は随時変更することも

小説家と違うのは、観客や視聴者など目で見て判断するビジュアルの部分が大きいために、単に文章のみで話を進めるのではなく、映像的な動きなどがより重視されること、もう一つは脚本ができあがった時点ですべて完了するのではなく、監督やテレビ局側の要望によって内容が大きく変わっていく場合があることです。

依頼があって脚本を書く場合には、脚本家が独断で決めるのではなく、映画監督やテレビのプロデューサーなど、各方面の関係者と話をしながら脚本をつくります。

テレビドラマの場合であると、視聴率や視聴者の反応を見ながら、脚本を随時変更していくということもあります。

テレビ業界においては放送倫理の締め付けや視聴者からの声が大きいため、途中で視聴者の感想から話の内容が最初とはまったく違ったものに変えられてしまう、といったこともしばしば起きてきます。

複数人で脚本をつくる

テレビなどの長期シリーズや連続ドラマなどでは、一人で脚本をつくるのではなく、複数人やグループ作業で仕上げていくということもあります。

テレビのシリーズというシリーズ上、一人の脚本家に負担がかかると、アイデアが枯渇したり、体調不良で中途降板が起きたり、マンネリになって新しい展開ができなくなったりといろんな弊害が生まれてくることがあります。

そのために何人もの人物が多くの意見を出しあったり、互いに切磋琢磨していくことで脚本を練り上げ、質の高いものにしていき、見る人を飽きさせない工夫を凝らしていきます。

専門の脚本家だけでなく、テレビ局側のスタッフや宣伝上の理由から広告業界の関係者が手を入れて、共同作業で話を作り上げていくといったケースも見られます。