考古学者の仕事内容

仕事内容について

考古学者の仕事は、「遺跡や遺構など人類が残した痕跡を探し、発掘し、過去の人類の活動と変化を研究すること」です。具体的には、遺跡が発見された場合、発掘チームを結成して発掘を行い、そこでの出土品や遺構を記録・保管します。

そして、整理したうえで報告書にまとめます。個人的に研究を進めて論文を書くこともあります。

ほかには、博物館で学芸員として活動したり、教育委員会で文化財の専門家として勤務したり、大学教員になって考古学の講義をするなど、勤め先によって仕事内容は異なります。

女性でもできる仕事?

テレビや雑誌などで遺跡関連の情報に触れる機会が増え、近年では考古学に興味を持つ女性が増えているのだそうです。たしかに、世界のどこかに埋もれている遺跡を発掘し、そこから人類の活動や歴史を紐解いていくのは、とても夢のある仕事です。

そんな発掘調査ですが、やはり体力は必要です。もし海外に行くとなったら、過酷な環境で何日も発掘を続けなければならない可能性もあります。しかし、決して女性には無理ということではありません。

たとえば博物館で学芸員として働く場合は、利用者への解説や展示準備が中心になるでしょうし、働き方によってはあまり体力がいらない場合もあります。

歴史学者と考古学者

考古学者と似た職業に、「歴史学者」があります。どちらも過去の遺跡や遺構を研究しますが、歴史学者が資料や文献から過去について論じていくのに対し、考古学者は“発掘”というフィールドワークを中心にして研究を進めます。

考古学者のほうが外に出る機会も多く、体力はより求められると言えるでしょう。