獣医師の一日

獣医師はさまざまな場所で活躍していますが、ここではその代表的な職場となる「動物病院」と「動物園」で働く獣医師のある1日の過ごし方を紹介します。

動物病院の獣医師のある1日

8:20 出勤

出勤したら白衣に着替えます。動物の体調によっては、前日から泊まり込んで対処する日もあります。

8:30 勤務開始

入院している動物へ薬を投与したり、注射を行ったり、朝食の準備を行います。徐々に動物看護師など、他のスタッフも出勤してきます。

8:50 ミーティング

本日の予定や業務の流れを、動物看護師や受付スタッフも含めて全員でミーティング。予約されている外来や手術、検査などについてしっかりと確認することで、トラブルを防ぎます。

9:00 診察開始(午前)

予約外来の診察が始まりました。次々と患者がやってくるため、休む間もなく診療をし、必要に応じて検査点滴や超音波検査などを行なっていきます。

フォローしてくれる動物看護師への指示出しも重要な仕事です。

13:00 午前中の診察終了

午後の診察が始まるまでの間に検査・手術などを行います。動物看護師とも手術内容、処置を確認し、手際よく、確実に進めます。

15:30 昼食

検査や手術が長引いた日は昼食をとる時間が遅くなりがちです。短い時間でサッと食事をとる日も多いです。

16:30 診察開始(午後)

午前と同じく、さまざまな病気やケガを抱えた動物と飼い主がやってきます。素早く、かつ患者さんを不安にしないように丁寧な対応を心がけます。

19:30 診察終了

最後の患者の診察が終わるのは、外来の受付終了時間よりだいぶ遅くなることもあります。

20:00 夜間手術

重度の症状がある動物の場合、診察終了後に手術や検査を行います。終了後は、飼い主にわかりやすく結果報告をします。

21:00 外来症例会議

今日、外来した動物たちの症例についてミーティングし、情報を共有します。

22:00 勤務終了

宿直担当の医師がいる場合は、引継ぎを行って勤務終了です。

動物園の獣医師のある1日

7:40 出勤

荷物などをロッカーへ置き、白衣に着替え、前日勤務していた医師からの引き継ぎノートを確認します。

8:00 検査

園内を回って動物の様子に異常がないかチェックし、治療中・後の動物たちの経過状態を細かく検査していきます。

8:30 全体ミーティング

今日一日の流れやイベントなどについてスタッフ全員で確認し合います。

9:00 動物たちのチェック・清掃業務

動物の餌の食べ具合やフンの様子をチェックしたり、都度園舎の清掃を行いながら、動物の体調に変化がないか見極めます。

12:00 昼食

他のスタッフと一緒に食事をとることが多いです。動物好きな人が多いため、オフの時間も話題は自然と動物ネタになります。

13:00 チェック

午前中と同じように、清掃や餌やり、寝室の準備なども含め動物の体調をチェックしていきます。

16:00 閉園

お客さまが全員帰ったら、動物を安心して夜を過ごせる場所へ収容します。収容後は、当日の動物の状態などに関して日誌へ書き込んだり、書類をまとめたりと、事務仕事もあります。

17:00 勤務終了

残業になることはあまりありませんが、動物の体調が思わしくなかったり、出産を控えている日などは、深夜まで残って対応することもあります。