女性のゲームクリエイター

女性でもゲームクリエイターとして活躍できる?

ゲームクリエイターという職業には、性別も年齢も関係ありません。

さまざまな価値観を持った人たちが、異なるアイデアを持ち寄ってぶつけ合うことで、化学反応が生まれ、素晴らしい作品になっていく。そういった世界です。

しかし、実際にゲームの開発現場を見てみると、その多くは男性となっています。

なぜ、女性が少ないのか。

その理由として「女性よりも男性のほうがゲーム好きな人が多い」ということも考えられますが、もう少し詳しく見ていくと、「労働時間の長さ」が、女性がゲームクリエイターとして働くうえでの障害になっているケースもあるようです。

残業、徹夜も日常茶飯事

一般的に、ゲームクリエイターの仕事は激務といわれています。

莫大な業務量を抱えながら、常に納期に追われて仕事を進めていくため、どうしても余裕がない生活になりがちです。

また、開発現場が最も慌ただしくなるのが、「バグ」といった不具合が発生したときです。こうなると、修正作業に追われ、徹夜をして作業を進めることもあります。

睡眠時間が短く、顔色は悪く、肌はボロボロ。せっかくの休日も、とにかく疲れをとるために一日中寝ていたい…。そんな生活になる可能性もあります。

実際、男性でも体力が持たずに辞めてしまう人もいるほどです。

「アフターファイブを楽しみたい」「いつでもオシャレをしていたい」といった女性には、少々不向きな仕事といえるかもしれません。

女性の経験、感性が生かせる面も大きい

ただし、企業によっては、仕事が少し落ち着いた時期を見計らって有給休暇の取得を推奨していたり、育児休暇などの制度を整えて、結婚や出産後も長く働ける組織づくりに取り組むところも出てきています。

ゲームクリエイターは、専門スキルを持った「職人的」な人も多いため、一人抜けてしまえば、会社にとっても大打撃。

そのため、できるだけ長く働いてもらえる働きやすい環境を整えるために、会社側もさまざまな工夫をしているようです。

ちなみに、近年ではスマートフォンの普及によって、女性向けのソーシャルゲーム、子ども向けの知育アプリなどが多数開発されています。

女性の感性や経験がゲーム作りに生かせる部分も多々あるため、「ゲームが好き」という気持ちがあるのなら、ぜひその思いを大切に、自信を持ってゲームクリエイターを目指してほしいものです。

仕事体験談