フラワーコーディネーターの勤務時間・休日

市場での仕入れから販売まで

フラワーコーディネーターとして働く人の多くが、普段は花屋や園芸ショップなどの店舗で仕事をしています。

生花の仕入れを担当する際は朝早くに花市場などに出向くことになるため、朝5時頃の早朝出勤になります。その後、店舗に出勤すると、新しく仕入れてきた花を店頭に飾ったり店の前を掃除したりして開店準備をします。

10時頃にお店がオープンしてからは、来店したお客さんの希望に合わせて花束やブーケを作ったり、おススメの花を販売したりします。

結婚式やパーティーなどの打ち合わせが入る場合は、店舗を他の人に任せて外出することになります。

お客さんの混み具合を見ながら昼食や休憩を取りつつ、夕方ごろには少しずつ閉店準備を始めることが多いようです。

生花は日にちが経つと売り物にならないことも多いので、午後の遅い時間になると価格を下げて販売することもあります。

店舗の閉店時間は19時頃であることが多いですが、閉店後にも花の世話をしたり売れ残った商品を片づけたりするため、全ての作業が終わるのはもっと遅くなります。

イベントの時期は多忙な毎日

フラワーコーディネーターの仕事は、週末に大型の案件が入ることが多いのが特徴です。結婚式や結納などのお祝い事やレストランでのパーティーなどは圧倒的に土日に集中するものだからです。

そのため、週末はいつも通り勤務して、平日のどこかで休むというのがフラワーコーディネーターの働き方の基本になります。

また、花が必要とされるイベントの前後には非常に忙しくなります。

毎年大変なのは「母の日」です。カーネーションをはじめとしたさまざまなブーケを贈る人が多いため、5月に入る頃から母の日が終わる週末までは、ひたすら制作や発送の作業に追われることになります。

同じように、花束を買い求める人が急増する「クリスマス」や「3月の卒業・送迎会シーズン」も、フラワーコーディネーターにとっての稼ぎ時となるため、平日も土日も忙しく働くことになります。