イベントコンパニオンになるには

イベントコンパニオンになれる人とは

イベントコンパニオンには資格も学歴も必要なく、容姿端麗であることが第一に求められる職種だといえます。

年齢は20代が中心ですが、若く見える人なら30代でも活躍し続けることが可能です。

イベントによって求められる容姿は異なりますが、ほとんどの場合は高めの身長、スタイルの良さ、笑顔の美しさを持ち合わせた人が選ばれます。

さらに機転が利く人、気配りができる人であれば仕事を獲得する確率も高くなるでしょう。

派遣会社やプロダクションに所属する

スポンサーや広告代理店から直接依頼されるごく一部の人を除き、ほとんどのイベントコンパニオンはイベント系の派遣会社やイベントプロダクション、芸能プロダクションなどの事務所に登録しています。

大きな事務所ほど登録するだけでも厳しいオーディションがあり、この仕事に向いていない人は登録さえできないのが現状です。

小さな事務所は登録するのは比較的簡単ですが、仕事自体が少なかったり、規模の小さいイベントや待遇の悪い仕事ばかりが回ってくることもあるため、登録事務所を選ぶ段階から慎重な判断が必要になります。

事務所によってはイベントコンパニオンとして活躍するために各種の研修や立ち方、歩き方、話し方のトレーニングを行うこともあります。

厳しい選考を突破する

スポンサー企業やその依頼を受けた広告代理店などから事務所に派遣依頼があると、まず、事務所担当者が登録している人材の中からそのイベントに向いている人を選別し、イベントコンパニオン候補者に挙げます。

次にプロフィールによる書類審査が行われ、プロフィール写真の印象や、身長、体重、服のサイズ、これまでの経験などから合格者を決定します。

無事通過した人はオーディションに臨み、実際に接した時の雰囲気や笑顔の印象、体型、話し方などのチェックを受けます。

こうして厳しい選考を突破した人だけがイベントコンパニオンとして表舞台に立てるのです。