動物飼育員の志望動機

志望動機の重要性

志望動機を考えることは、動物飼育員を目指すうえで避けて通れません。

動物園での面接試験では、確実に志望動機が問われますし、たとえば公務員の動物飼育員になりたい場合、自治体によっては指定の受験申込書に志望動機を書く欄が用意されていることがあります。

動物飼育員は人気が高い割に、募集枠が小さい職業です。

「動物と一緒にいるのが何よりも幸せ!」「動物のそばで一生働きたい!」いくらそのような熱意を持っていたとしても、その思いを上手に伝えることができなければ、書類選考で跳ねられてしまうこともあります。

そうならないためにも、まずはしっかりとした志望動機を作り、それを人に伝える練習をしておきましょう。

ペットを飼った経験は必要?

自分でペットの世話をしたり、ペットの具合が悪い状態を見たことがあれば、より「自分対動物」という点で、現実味のある志望動機が話せるかもしれません。

しかしながら、ペットと動物園にいる動物は飼育方法も習性も違いますし、もし飼育員になれば多くの専門知識についての勉強と、経験を積んでいくことが求められます。

たとえこれまで動物に触れたことがなかったとしても、「なぜ、動物が好きなのか?」「なぜ、飼育員になりたいのか?」という気持ちをきちんと話せれば、決してマイナス評価にはならないでしょう。

具体的なストーリーがあると可

「子どものころから動物が好きで、ペットをたくさん飼育していました」
「動物と触れ合う中で命の大切さを知り、動物の魅力を多くの人に伝えたいと思いました」

こういった考えは、たしかに志望動機になり得るものですが、抽象的で、あまり聞いた人には響かないところがあります。

動物と毎日過ごす飼育員を目指す人が「動物好き」であるのは当たり前ともいえますから、自分ならではのエピソードが求められます。

とくに相手が話を聞いたり読んだりして、そのシーンを具体的に想像しやすいストーリーを作ると、より好感度は上がるでしょう。

また、動物園では動物の世話だけでなく、動物の調査・研究、社会教育活動、野生動物の保護などにも積極的に取り組んでおり、飼育員もその一翼を担います。

動物園によって注力する活動は異なりますが、志望先の動物園について念入りな下調べを行い、「飼育員としてその動物園で何をしたいのか?」といった自分の目指す将来像まで見つけ出せると、志望動機はかなり強いものになるでしょう。