動物飼育員の給料・年収

動物飼育員はやや特殊な専門職であるがゆえ、待遇などの実情はあまり知られていないようです。

しかし、この仕事を目指すとなれば、どれくらいの収入が得られるのか、どういった労働条件の職場が多いのかについては、事前に知っておいたほうがよいでしょう。

ここでは、動物飼育員の給料や年収について紹介します。

給与水準は低め

動物飼育員の給料は、勤務地や勤め先によって大きく異なります。

しかし、全体としていえるのは、動物飼育員は正社員として動物園などに勤めることができても、給料面では決して恵まれているとはいえない仕事だということです。

基本給の相場は、地方の動物園で12万円〜15万円、東京都の動物園施設でも17万円程度です。したがって年収としては200万円〜300万円程度となるでしょう。

いくら動物が好きであっても、動物飼育員は毎日たくさんの動物の排泄物を処理したり、朝から夕方まで動き回ったりするハードな仕事です。

お金を一番の目的にしていると、厳しさやつらさばかりを感じるかもしれません。

民間企業に勤めるか、公務員になるか

民間企業が運営する動物園施設では、その企業の社員として働くため、会社の規模や規定によった給料体系となります。企業によって給料や待遇には差が出ており、ボーナスの支給状況もまちまちです。

一方、公営の動物園施設などで正職員として働く場合は、自治体の職員として公務員待遇となるため、ある程度安定した給与がもらえますし、福利厚生なども充実しています。

ただし、公務員である以上、職場を選ぶことはできず、数年ごとの異動もあります。

大学卒であるか専門学校卒であるか、学歴によっても若干給料は変わってきます。

また、数年単位で契約更新する臨時の職員や、日給あるいは時給制のアルバイトとして働く人も数多くおり、この場合は日給7,000円〜8,000円、時給800円〜1,000円程度が一般的な給与水準となっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加