動物飼育員の給料・年収

動物飼育員の仕事は、特殊な専門職なため、待遇などの実情は、あまり知られていません。これから動物飼育員を目指そうという人が、気になるのはやはり、給料や待遇面などの労働条件でしょう。

ここでは、動物飼育員の給料・年収・待遇について見ていきます。

動物飼育員の給料

動物園の飼育員の給料は、勤務地や勤め先によって大きく異なります。しかし、正社員として動物園などに勤めることができても、給料面では決して恵まれているとは言えません。

基本給の相場は、地方の動物園で12万円〜15万円、東京都の動物園施設でも17万円程度と薄給です。したがって年収としては200万〜300万程度となるでしょう。動物飼育員という仕事は、勤務内容もハードなものであり、お金が目的でなるような仕事ではありません。

民間企業が運営する動物園施設では、企業の社員として会社の規模や規定によった給料体系となりますが、公営の動物園施設などで正職員として働く場合は、自治体の職員として公務員待遇となりますので、ある程度安定した給与をもらうことができます。ただし、公務員である以上、職場を選ぶことはできず、異動もあります。

大学卒であるか専門学校卒であるか、学歴によっても若干給料は変わってきます。また、数年単位で契約更新する臨時の職員や、時給制のアルバイトとして働く人も数多くいるようです。

動物飼育員の待遇

基本的に週休2日制で仕事に就き、休みの曜日はまちまちです。お盆休みや年末年始などの大型連休は、時期をずらしながらローテーションで取ります。

休んでいる間も、担当している動物の様子は気になることでしょうが、疲労を溜めた状態で勤務に当たることは、思わぬ怪我やミスを招くこともありえるので、園内全体で従業員への休みについては、しっかりと取れるように考えられているようです。

また、正職員や正社員として勤めることになると、たいていは住宅手当などが支給されることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加