ドッグトレーナーの資格

「ドッグトレーナーライセンス」とは

現在、動物やペットに関わる資格で国家資格が置かれているのは「獣医師」のみです。

警察犬や盲導犬などの訓練を行う「犬の訓練士」に関しても、各団体や学校などが独自の資格を認定しているのが現状です。

ただし、ドッグトレーナーの場合、「日本ドッグトレーナー協会(JDTA)」の「ドッグトレーナーライセンス」と呼ばれる民間資格があります。

これには「A級」「B級」「C級」「D級」の4つの級があり、A級が最も難易度が高くなっています。

あくまでも民間資格であるため、この資格がなければドッグトレーナーとして働けないというわけではありません。

ただし、犬のしつけを仕事として行うには確かな知識が求められますし、就職をする際も資格を持っていると優遇されることがあります。

ドッグトレーナーライセンスについては、日本ドッグトレーナー協会のホームページをご覧ください。

日本ドッグトレーナー協会 認定資格について

ドッグトレーナーライセンスの取得方法

ドッグトレーナーライセンスを取得するためには、協会の公式認定校である「ドッグトレーナーズカレッジ(東京都港区)」で学ぶ必要があります。

なお、D級のみ通信教育でも取得することが可能です。

受験したい級にもよりますが、この学校に通い、修了試験に合格すると資格を得ることが可能です。

通信教育の場合、犬に関する知識を教材やDVDを見て学びます。

通信教育でも基礎的な知識は得られますが、犬を実際に訓練する体験ができませんから、より実践的な教育を受けたい場合は、加えて民間の専門学校やスクールへの通学も検討したほうがよいでしょう。

世界基準のドッグトレーナー資格も

ドッグトレーナーライセンスのほかにも、ドッグトレーナーの仕事に関連する民間資格があります。

たとえば、「日本ペットドッグトレーナーズ協会(CCPDT)」が認定する「CPDT」は、日本で唯一の、世界基準のドッグトレーナー資格です。

この資格試験を受けるためには、300時間以上のドッグトレーニング経験を積むことと、「獣医師・お客さま・他のドッグトレーナー」からの推薦状を提出する必要があります。

ドッグトレーナースクールのなかには、この資格に対応した講座を用意しているところもあります。

資格があると有利になることも

ドッグトレーナーの資格は国家資格ではないため、取得は必須ではありません。

資格があると給料がアップするというケースもあまり多くありませんが、実力をアピールしやすくなり、自分の望む勤務先に就職しやすくなることがあるようです。

今後、ドッグトレーナーの資格の重要性が認識されていけば、資格の社会的地位はもっと保証されていくかもしれません。