ドッグトレーナー(犬の訓練士)になるには

専門性を高めるために資格を取得する

現在、ドッグトレーナーとして働いている人の多くが、専門学校に通ったり、個人で通信教育を受けたりして知識、技術を身に付けています。

ドッグトレーナーは国家資格のように仕事をするうえで絶対に必要とされる資格は存在しませんが、民間資格として「日本ドッグトレーナー協会」が認定する「ドッグトレーナーライセンス」があります。

ドッグトレーナーとして働くために、この取得は必須ではありません。ただし、資格の勉強を通してより専門性を高めることができたり、取得することで就職の際に有利になるケースもあります。

ドッグトレーナーの資格

専門学校で必要な知識を学ぶ

ドッグトレーナーを養成する専門学校で、関連する知識を身に付ける方法もあります。

多くの専門学校は2年制となっており、その間にドッグトレーナーに必要な知識を身に付けたり、実際に犬のしつけや訓練の実習を行ったりします。

通信講座とは異なり、講義の指導を教室で直接受けることができ、より実践に即したことが学べる環境があるといえるでしょう。

ドッグトレーナーの就職先は?

ドッグトレーナーの就職先としては、ドッグトレーニングを行っている一般企業、ペットショップ、アニマルセラピーを行っている団体、ペットホテルなどが挙げられます。

各企業が独自に行う採用試験を受けて、合格すれば仕事を始めることができます。

そこまで多くの求人があるわけではありませんが、最近は「ペット保険」や「ペット霊園」といったサービスが始まっていることから、犬を扱うドッグトレーナーの活躍の場も増えてくるかもしれません。

犬の訓練士を目指す場合

警察犬訓練士や麻薬探知犬訓練士を目指す場合は、公務員試験に合格し、警察官や税関職員になる方法が挙げられます。

警察の場合は鑑識課などの部署に配属されると、警察犬訓練士の仕事に携われる可能性があります。

そのほか「日本警察犬協会」が経営する訓練所に入所し、まずは見習訓練士となり、公認訓練士の資格を目指して経験を積む方法も挙げられます。

盲導犬訓練士になりたい場合は、全国の盲導犬育成施設に所属し、訓練所で経験を積んで一人前になることを目指します。

他にも、犬の訓練士になることを目的とする私設の訓練学校が存在します。ただし、犬の訓練士は全体としてあまり募集人員が多くないため、狭き門となっています。