コンサルタントに向いている人、適性

経営に興味があり数字に強い人

コンサルタントの代表的な仕事である「経営コンサルティング」は、クライアントの経営状態をチェックして、改善策を一緒に考えるのが使命です。

企業の財務状況や雇用の状況を把握することで、その企業が今どのようなリスクを抱えているのか、どのような発展の可能性があるのかを見抜くことができる優れた能力が求められます。

こうした能力は、日頃から熱心に経済や経営の勉強をすることでこそ、磨くことができるものです。

また、数字を見ながら分析をするような情報処理能力も高くなければ、クライアントの課題を見つけ出すことができません。

「経営に興味がある」「数字に強い」という人にとっては、コンサルタントはやりがいの大きい職業になるでしょう。

論理的な思考ができる人

コンサルタントの仕事は、クライアントが抱えている問題に対する解決策を筋道を立てて考えることが大切です。

たくさんのデータをもとに情報を整理した上で、改善のためにどんな策が必要かを第三者の視点から客観的に考える必要があるのです。

日頃から物事を論理的に考えることができる人が、能力を発揮することができる業界です。

相手の気持ちに寄り添える人

コンサルタントというのは、クライアントである企業にとっては、将来を大きく左右する大切な経営方針を決めるための唯一無二のパートナーになります。信頼関係を築くことができるかどうかが何よりも大切です。

ですから、コンサルタントは「経済や経営に関して精通している」というだけでは役割を果たすことができません。

クライアントが今どのような不安を感じているのか、どのような希望を抱いているのかを丁寧に聞き出して課題を共有した上で改善策を見つけ出すことで、クライアントの気持ちに寄り添ったコンサルティングを行うことができるのです。

コンサルタントには、高いコミュニケーション能力が必要です。

人の話をしっかりと聞き出して課題をまとめることができることや、自分の意見をプレゼンテーションするときに相手にわかりやすく丁寧に伝えることができること。

このような能力がある人は、コンサルタントとして活躍できる可能性が十二分にあります。