スタイルのいい人が活躍できる仕事の種類(10選)(読了時間:8分2秒)

高身長やスラッと引き締まった体形など、世の中には、誰から見てもスタイルに恵まれていると思えるような人がいます。

また、今はそこまで自信がなくても、頭の中で理想とする姿があり、「あんな風になりたい!」という気持ちで、頑張ってスタイルを磨こうとしている人もいるかもしれません。

世の中にある大半の職業は、努力をすればスタイル関係なく就けるものとなっていますが、なかにはスタイルの良さを存分に発揮して活躍できるものもあります。

今回は、そんなスタイル自慢の人に向いている職業を紹介していきます。

メディアに出演したり、人前で演じたりする仕事

スタイルがいい人が活躍できる代表的な職業として、まず雑誌やイベントなどの場で活躍する「モデル」が挙げられます。

モデルは、ファッションやヘアメイク雑誌、ファッションショーなどで被写体となり、商品を身につけてその魅力をアピールする仕事です。

健康的で美しいプロポーションを保つよう、美容や健康管理にも注意する必要があります。

そのようなモデルのなかでも、手や脚、目といった身体の一部をアピールしていくのが「パーツモデル」といわれる仕事です。

パーツモデルの場合、容姿そのものというよりも、身体の一部分についての美しさやバランスなどが求められてきます。

続いて、ドラマや映画の中で役柄を演じる「俳優女優」も、スタイルがいい人は活躍できるチャンスがあるでしょう。

ただし、俳優・女優は容姿や美貌だけではなく、演技力や個性、身にまとうオーラなどまで含めて評価される傾向にあります。

モデル

モデルは、ファッションやヘアメイク雑誌、ジュエリーのカタログ、ファッションショーなどで被写体となり、商品を身につけてその魅力をアピールする仕事です。

多くのモデルは、モデルの事務所やエージェンシーなどに所属して仕事をしています。

商品をアピールしたいと考える企業は、イメージに合ったモデルに仕事を依頼し、効果的な伝え方ができるようにデザイナー、カメラマン編集者たちと打ち合わせを重ねながら、世界観を作り上げていきます。魅力やオーラを身にまとっているモデルには大勢のファンがつきます。

人に見られる仕事なだけに、日頃から美容や体形維持を意識したり、感性を磨いたり、積極的に情報発信をしたりしてファンの獲得にも努める必要があります。

パーツモデル

パーツモデルとは、モデルの一種であり、身体の一部分(手・脚・目など)をアピールする仕事をしている人のことをいいます。

たとえば、指輪のカタログでは手のパーツモデルが、ストッキングの広告では脚のパーツモデルが活躍できます。

パーツモデルの場合、モデルとは異なり、全身のバランスや美貌はそこまで求められるわけではないものの、身体の一部分については特別な美しさが必要になります。

日頃から肌の乾燥に気を付けて手入れをしたり、体形維持にも注意しなくてはならないという点は、一般的なモデルと同様だといえるでしょう。

俳優・女優

俳優・女優は、テレビ・映画・舞台・雑誌などに出演し、キャラクター(役柄)を演じる仕事です。

一人だけで演じることは少なく、他の多くの共演者やスタッフたちと協力し合いながら、ひとつの作品を作り上げていきます。

そのため、自らの演技力や個性を生かすことも必要ですが、監督や演出者の意向に沿った演技をすることと、他の共演者とチームワークを発揮する姿勢が欠かせません。

本番までには時間をかけて準備をする必要があり、台本を読み込み、自分なりにキャラクターの性格などを考えたうえで、ときには監督と意見を交わし合いながら役作りを進めていきます。

世界中の人々に夢や感動、喜びなどを与えるエンターテインメントの一端を担う重要な仕事だといえるでしょう。

美容やリラクゼーション、ヘルスケアと関わりが深い仕事

「スタイルがよくなりたい」と考える人の多くが、美容やリラクゼーション、ヘルスケアなどにも強い関心を持っています。

そうした分野で活躍できる代表的な職業に「エステティシャン」があります。

エステティシャンは、フェイシャル、ボディケア、脱毛などの施術を行い、お客さまの肌や全身を美しく整えていきます。

癒しの要素もあり、心身ともにお客さまに満足感を与える接客や施術を提供することが重要です。

続いて「ヨガインストラクター」を紹介しましょう。

ヨガインストラクターとは、インド生まれの伝統的なヨガに、フィットネス感覚や現代医学の要素などを取り入れた「健康ヨガ」を指導する人のことをいいます。

最近では若い女性はもちろん、高齢の女性や男性でもヨガに取り組む人が増えており、ヨガインストラクターはさまざまな生徒の前でヨガのポーズのお手本を見せながら、ヨガの正しい知識や技術とその魅力を伝えていきます。

また、同じく身体を動かす職業として「ダンサー」もいます。

ダンサーの専門ジャンルは、クラシックバレエからストリート系ダンス、社交ダンス、ミュージカルまで人によってまちまちですが、舞台に立ってパフォーマンスをし、観客を楽しませることを仕事にしています。

エステティシャン

エステティシャンは、フェイシャル、ボディケア、脱毛などの施術を行い、お客さまの肌や全身を美しくする仕事です。

お客さまの肌や身体、心の特徴や状態を把握したうえで、特別な手技や用具を用いて、相手に心地よさや安らぎ、満足感を与えていきます。

使用する美容機材やオイルなどに関する知識を持ち、しっかりとした効果を感じてもらうための施術スキルを身につける必要があります。

同時に、お客さまの肌の悩みや困りごとをよくヒアリングして、「こうなりたい」という思いに応えていくような接客をすることが大事です。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターは、ヨガスクールやスポーツジムなどで、生徒にヨガ独特のトレーニングポーズや呼吸法を指導する仕事です。

ヨガは幅広い年代の人が習うものであるため、一人ひとりのレベルや年齢、体力等に応じた練習メニューを考え、指導を行います。

教室では多くの生徒の前で自ら実演してみせることになるため、生徒に「こんな風にヨガをやりたい」と思われるようなふさわしい体形やヨガのスキル、体力などを身に付けておく必要があります。

また、生徒や世の中の人々に対して、ヨガの魅力と楽しさをわかりやすく伝えていくことも重要な役割です。

ダンサー

ダンサーは、身体を使ってダンスステップやパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える仕事です。

「ダンス」といっても、クラシックバレエからストリート系ダンス、社交ダンス、ミュージカルなど、ジャンルは多岐にわたり、それぞれ必要とされるステップなどが異なります。

コンサートホールや舞台において自身が主となって踊るダンスのほか、歌手を盛り立てるために後ろで踊るバックダンサーや、クラブイベントや遊園地などで観客を楽しませるダンサーなど、活躍の場も幅広いものとなっています。

また、ダンサーとして自らステージに立ちながら、ダンス教室講師として未来のダンサーの指導を行ったり、振付師として活躍したりする人もいます。

接客や販売に携わる仕事

多くの人と接する機会が多い接客や販売も、スタイルがいい人が活躍しやすい仕事だといえるでしょう。

たとえば、憧れの職業として取り上げられることが多い「客室乗務員(CA)」は、空港や航空機を利用するたくさんのお客さまに対して明るい笑顔でサービスを提供し、また保安面にも責任を持ちながら安全で快適なフライトを実現させます。

次に「イベントコンパニオン」といい、企業の新商品発表イベントや展示会などでイベントを盛り上げる仕事があります。

イベントコンパニオンは水着やコスチュームを着て来場者に笑顔でチラシを配ったり、商品の説明をしたりしながら、来場者を楽しませます。

そして、百貨店の化粧品売り場などでよく見かけるのが「美容部員」です。

美容部員は、来店されたお客さまの肌の悩みや色・質感の好みなどをヒアリングしたうえで、最適な化粧品をお勧めし、メイクを実践して販売します。

美容部員にとっては、自ら肌を整えて美しくメイクをすることで、お客さまから「こんな風になりたい」と思ってもらうことが必要ですが、アパレルショップで働く「アパレル店員」も、お客さまにとって身近な憧れの存在となることが多いでしょう。

お客さまの買い物に関するニーズや困りごとを素早く察知し、的確に提案やアドバイスをしていきます。

客室乗務員(CA)

客室乗務員(CA)は、旅客機に搭乗し、乗客の搭乗から到着までのさまざまな業務を行う仕事です。

具体的には、食事や飲み物の提供、免税品の販売などの「機内サービス」と、急病人の救急処置や機内の安全確保を行う「保安管理」という2つの役割を担います。

よって、乗客に対して明るい笑顔で接することはもちろんですが、航空機内での安全や非常事態の対処方法等に関する確かな知識を学び、安全で快適なフライトを実現させることが求められます。

また、客室乗務員は昔から花形といわれる職業ですが、航空会社の一員であることには変わりありません。

他部門のスタッフと常にコミュニケーションをとりながら、お客さまに安心して利用いただける航空サービスを提供していくことが大切です。

イベントコンパニオン

イベントコンパニオンは、企業の新商品発表イベントや展示会などで企業の「顔」となり、イベントを盛り上げる仕事です。水着やコスチュームを着て来場者に笑顔でチラシを配ったり、アンケートをとったり、商品の説明をしたりします。

イベント会場は大型の施設から屋外までさまざまですが、毎回大勢の人が訪れます。

また、勤務時間中はハイヒールやタイトなコスチュームを身につけてほぼ立ちっぱなしとなることも多いため、見た目の美しさに加えて集中力、体力も求められます。

イベントコンパニオンには表情やスタイルの良さが求められることから基本的にオーディションが行われており、タレントやモデル、レースクイーンを目指している人がこの仕事を通じて経験を積むケースもよく見られます。

美容部員

美容部員は、おもに百貨店の化粧品売り場などに勤務し、ファンデーションやアイシャドウ、シャンプー、マニキュアなど、さまざまな化粧品の販売をする仕事です。

なるために特別な資格は必要ありませんが、扱う化粧品の知識やメイクのテクニックや、接客スキルなどが求められる仕事です。

とくに美容部員のメイクのテクニックは、顧客数や売上に直結するほど重要なものとされており、いかに自分自身を美しく、魅力的に見せていくかがポイントになります。

同時に、ブランドや売り場の「顔」となり、お客さまに心地よいと感じてもらえる接客やサービスを追求していくことも大事です。

アパレル店員

アパレル店員は、アパレルショップで洋服やファッション小物を販売する仕事です。

お店に来店するお客様に着こなしなどのアドバイスをするほか、商品の問い合わせ、試着のサポート、レジ業務、また店内の掃除など幅広い業務を担当します。

キャリアを積んでいくにつれ、副店長、店長へとステップアップし、売上管理やスタッフの教育といったマネジメント的な役割を任せられるようになるのが一般的です。

アパレル店員には、ファッションの流行に敏感であることが求められると同時に、お客さまの心を掴む接客やトーク、誠実さ、明るさなども持ち合わせている必要があります。

ここで挙げた仕事は、どれも明るく魅力的な笑顔で人々を幸せな気分にしてくれます。

しかしながら、その裏では厳しい訓練や練習を重ねていたり、オーディションに勝ち抜いていたりと、どれも決して楽な世界ではありません。

また、スタイル維持のためには食べ物や美容、健康にも気を配るなど、見えないところで一般人以上の努力が求められる厳しい仕事でもあるのです。

職業カテゴリー