調香師になるには

理系の大学に進学する

調香師になるのに、国家資格などはありません。しかし、香料を扱うのは、化学の分野になるため、多くの会社では理系の大卒者を採用しているようです。

香りといえばセンスの問題というイメージがありますが、実際は、香料の構造などの化学的な知識がなければ難しいのです。

とくに香水など口に入らないものの香りを調合する「パヒューマー」を目指すなら、化学・薬学系の学部を出ているほうがよいでしょう。

修士・博士課程まで進めば、就職にはより有利になります。

さらに、英語・フランス語の勉強も必要です。とくにフレグランスの本場といえるフランスからは、香りに関する多くの情報が届くので、習得しておくと大いに役立ちます。

英語もTOEICなどで、なるべく高いスコアを目指すと良いでしょう。

専門学校に進学する

数は少ないですが、香りに関する勉強ができる専門学校もあります。学校によっては、独自の検定資格を設けているところもあります。

実習をメインとした教育で、調香師としての現場で応用しやすい知識を得ることができます。学校の就職状況を調べて、香料会社などへの就職率の高いところを選ぶとよいでしょう。

しかし、調香師の求人は少なく、ほかの仕事に転向する場合を考えると、大学進学のほうが安心かもしれません。

海外の一流メーカーで、香水の調合をするような仕事をしたい場合は、フランスの専門学校に進むのも一つの方法です。それでも就職は厳しいですが、やはり本場に留学することは必須といえます。

就職活動

大学や専門学校で学んだ後は、希望の進路に応じて就職活動をします。化粧品会社、食品会社、香料会社がメインとなるでしょう。

その他に、香りにたずさわる仕事として、アロマやハーブ関係のお店につとめたり、自分で運営するという道もあります。

また、道のりは険しいですが、自社ブランドを立ち上げて、自分だけの香水をプロデュースする仕事は、多くの人の憧れです。