舞台俳優・劇団員のやりがい・楽しさ・魅力

舞台俳優劇団員のやりがい・楽しさ

観客に感動してもらえる

舞台俳優・劇団員の最大のやりがいは「観客に感動してもらえる」ことです。

舞台公演というものは、テレビドラマやコマーシャル、映画撮影と比較して「一度きりで失敗が許されない」という緊張感をもった仕事です。

一度のチャンスのために何か月も練習して、その成果として得られるのは出演料だけでなく、それ以上の報酬である「観客の感動・拍手喝采」を得られます。

自分たちの舞台で観客に感動を与えられるという喜びは、他の仕事では決して味わうことができないでしょう。

一丸となって一つの作品を作り上げる達成感

舞台俳優・劇団員のやりがいは「一丸となって作品を作り上げる」という点にも表れます。

舞台というものは1人の役者だけで構成できるものではなく、役者だけでも数人、それに照明や音響の操作のためのスタッフ、舞台演出の要ともいえる演出家脚本家、それらすべてを束ねる監督の存在、どれが欠けても構成できるものではありません。

必然的に大人数で一つの作品を仕上げることになるため、一丸となって一つのものを作り上げるというやりがいは決して小さなものではありません。

「役を演じる」という面白さ

舞台俳優・劇団員の基本的な仕事は「役を演じること」つまり「別のキャラクターになりきること」です。

役を演じるということは、与えられた役柄になりきるということ、言ってしまえば「別の人の人生を疑似体験できる」ということであり、非日常的な時間を味わうことができるという点も舞台俳優・劇団員のやりがいの1つであるといえます。

また、人によって感じ方・捉え方の異なる「演技」という特性上、ベストな結果というものが得難いという難しさも、舞台俳優・劇団員のやりがいの1つとして考えている人もいます。

舞台俳優・劇団員の仕事内容

舞台俳優・劇団員の魅力

経験を積めば収入も増える

舞台俳優・劇団員の仕事はいわゆる「年功序列」ではありませんが、舞台俳優・劇団員として長く演技をこなすことによって「経験」を積むことが重要であるという点ではベテラン有利の仕事であるといえます。

駆け出しの舞台俳優・劇団員の出演料は少ないのですが、舞台俳優・劇団員として経験を積むことで演技力を高め、知名度や実績を積み上げることによって出演料も高くなっていきます。

実力勝負の世界ではありますが、経験豊富で実力のある舞台俳優・劇団員になれば一生続けていける仕事でもあるのです。

人を惹きつける力が身につく

有名な舞台俳優・劇団員は、高度な演技力と場数をこなした度胸、多彩な役柄を演じられるスキルなどによって多くの観客やファンを惹きつけます。

舞台俳優・劇団員として経験を積むと、自然と「人から見られること」に慣れていき、いかに他人から魅力的に映るかということを追求できるようになります。

さまざまな役柄を演じることで考え方も多彩になり、魅力だけでなく説得力を培うこともできます。

世界的な大スターになれるかも?

舞台俳優・劇団員として生きている人の中には「大スター」を夢見て頑張っている人も少なくありません。

事実、舞台公演をきっかけとして芸能事務所からスカウトされたり、人脈を構築する中で意外な大物との接点を持って仕事を増やせるケースも珍しくないのです。

昨今はインターネットでの動画配信も隆盛であり、舞台俳優・劇団員の活躍の幅もさらに広がっていくことが期待されます。

もちろん、大きな仕事をこなすためには実力や人気が欠かせませんが、そうしたチャンスをつかむことができたら幅広いジャンルで活躍したり、一つのジャンルで大物になることも不可能ではありません。

ほんの一握りの世界ではありますが、星の数ほどいる舞台俳優・劇団員から世界的な大スターへと駆け上がっていくことも、決して不可能な世界ではないのです。