舞台俳優・劇団員になるには

舞台俳優劇団員になるまでの道のり

舞台俳優・劇団員になるまでの道のりは、大きく分けて2つあります。

1つは学校卒業後(もしくは中退後)に劇団や芸能事務所に所属する道です。

大きな劇団や芸能事務所だと大きな仕事のチャンスも得られる可能性がありますが、入団・入所には厳しいテスト・オーディションに合格する必要があり、しかも大手であるほど新人はなかなか仕事がもらえません。

もう1つは学校卒業後に役者や芸能系の養成所・スクールに入り、スキルを磨きながらオーディションを受けるという道です。

養成所によっては大手の劇団や芸能事務所とのつながりも強いため、舞台俳優・劇団員としてのスキルを磨きながらチャンスをつかめる可能性が高くなります。

本格的に舞台俳優・劇団員として将来を考えているのであればこの道がおすすめですが、レッスン費用が相応にかかりますので資力を確保する必要があります。

舞台俳優・劇団員の資格・難易度

特別な資格や学歴は必要ない

舞台俳優・劇団員として活動するためには、特別な資格や学歴は必要としません。

人によっては子どものころから舞台に立つ機会があることもあり、舞台俳優・劇団員として中卒から活動するというケースもあります。

経験が生きる世界

舞台俳優・劇団員として特別な資格は必要ない一方で、「経験」を蓄積すること自体は舞台俳優・劇団員としての力にフィードバックされます。

舞台俳優・劇団員の仕事は「演じる」ことであり、誰かの役柄になりきるということは「その人物の気持ちや特徴を体現する」ということでもあります。

例えば、さまざまなアルバイトをこなすことで、さまざまな立場を理解することに繋がり、将来的にさまざまな役柄を演じる際に演技力を高める基礎となります。

舞台俳優・劇団員になるための学校の種類

養成所・スクールに通ってスキルを磨く

舞台俳優・劇団員として本格的に将来を見据えるのであれば、役者関係の養成所やスクールに通ってスキルを磨くという道もあります。

劇団も、ある意味では学校?

考え方によっては、「劇団」そのものが舞台俳優・劇団員の学校であると考えられなくもありません。

学校という存在を「必要な知識やスキルを身につけるための場所」としてとらえるのであれば、舞台俳優・劇団員としての活躍の基本的な部分を用意できる劇団に所属して、練習と実績を積み重ねる実戦形式で学んでいくという道もあります。

舞台俳優・劇団員になるための学校と費用(養成所・大学・専門学校)

舞台俳優・劇団員に向いている人

役者になる熱意を持っている人

舞台俳優・劇団員になるために最も必要な適性は「役者になるという熱意を持っている」ことです。

舞台俳優・劇団員は特に下積み時代はつらい日々が続くことになりますので、舞台俳優・劇団員としての成功を夢見て、その日まで邁進できるだけのモチベーションを維持できることは重要な才能であるといえます。

協調性がある人

舞台俳優・劇団員の活躍の場は、必然的に多くの人と協力して1つの作品を作り上げることになります。

協調性をもち、同じ仕事を協力してこなしていくというチームワークを持っていないと、舞台俳優・劇団員として活動していくことは極めて難しいのです。

コミュニケーション能力があることも、舞台俳優・劇団員として適性があるといえます。

体力がある人

舞台俳優・劇団員は舞台の練習と、生活するための収入源となるアルバイトをこなし、舞台スケジュールに合わせて生活リズムを変えることに耐えられる「体力」があることも重要な適性であるといえます。

体力に自信がない人や体調を崩しやすい人は、舞台俳優・劇団員として活動する中で体を壊してしまうかもしれません。

舞台俳優・劇団員に向いている人・適性

舞台俳優・劇団員のキャリアプラン・キャリアパス

監督や脚本家などの劇団関係者

舞台俳優・劇団員としての経験を活かして、役者ではなく「役者を支える立場」として活動の場を移す人もいます。

舞台俳優・劇団員として演技をこなしてきた経験を、今度は舞台俳優・劇団員の裏方に位置する監督や脚本家といった仕事に生かすのです。

また、ケガなどで舞台俳優・劇団員として活動を続けられなくなった人が、それでも舞台や劇団に関わり続けたいということで裏方スタッフになるというケースもあります。

芸能事務所などからのスカウト

舞台俳優・劇団員として活躍し、人気や知名度が高まれば、芸能関係者の目にとまることも珍しくありません。

運よく大手事務所にスカウトされれば、テレビ番組やコマーシャル、映画などさまざまな舞台で活躍することができ、さらに知名度を高めることができます。

フリーランスの俳優

舞台俳優・劇団員は基本的に劇団や芸能事務所に所属しますが、中にはフリーランスとして活動する人もいます。

実績や知名度によっては収入が大幅にアップする可能性がある一方で、費用も自分で負担しなければならないことや、出演交渉なども自分で行わなければならないなど、社会経験や営業力、人脈などが必要となります。

フリーター

舞台俳優・劇団員の中には、鳴かず飛ばずのまま芸能の世界を去る人も少なくありません。

辞める年齢が高くなるほどに転職が厳しくなり、フリーターの道しか残されていないというケースもあるのが現実です。

舞台俳優・劇団員を目指せる年齢は?

舞台俳優・劇団員は、演じるべき役柄が老若男女さまざまであることから、基本的に年齢の問われない(さまざまな世代が必要とされている)世界です。

子役や老人役などもあるので、実力さえあれば小さなころから年を経るまでの長年、舞台俳優・劇団員として活動し続けることができます。

ただし、経験と実力主義の世界であるため、未経験で高齢だと舞台俳優・劇団員になるには不利な側面もあります。

とはいえ、高齢になってから舞台俳優・劇団員になったという例もありますので、経験と実力を覆すほどの「熱意」があれば、舞台俳優・劇団員になる年齢制限はないに等しいのかもしれません。