バスガイドになるには? 資格は必要?

バスガイドになるまでの道のり

バスガイドになるためには、高校卒業以降に観光バス会社に就職するのが一般的な道のりとなります。

バスガイドになるための資格は特に必要なく、バスガイドとして働くための実務スキルなどについては就職後に研修を受けることで身につけることができます。

高卒以上で採用している会社も多いので、若い人だと20歳になる前にバスガイドとして現場に立つこともあるようです。

特定の学校・学科を受けていないと就職できないということは特にありませんが、観光系の専門学校や、観光学や歴史学、コミュニケーション学といったバスガイドに必要な知識・スキルを中心に学ぶことができる学校・学科に通っていれば、就職に有利に働く可能性がありますし、現場に立った時に役立つことも多いでしょう。

バスガイドの資格・難易度

高卒以上が最低条件

バスガイドになるためには、特定の資格を有する必要はありません。

多くの場合は高卒または大卒・短大卒を採用条件として設定しているため、高校卒業することは最低限の条件であると考えた方が良いでしょう。

国内旅程管理主任者

前述のとおりバスガイドになるために必須の資格はありませんが、「国内旅程管理主任者」という資格がバスガイドに関連しているといえます。

国内旅程管理主任者とは、旅行会社が提供する国内団体旅行に同乗する添乗員が取得していなければならない資格であり、会社によっては入社後にこの資格を取得する流れになるケースもあります。

バスガイドとして採用時に必須とされる資格ではありませんが、国内旅程管理主任者の資格をとれば国内旅行の添乗員としても働くことができるので、仕事の幅が広がります。

ただし、この資格は旅行業者(または旅行代理業者)に勤務または内定していることが受験資格となるので、就職してから受験するのが一般的な流れとなります。

バスガイドになるための学校の種類

観光系の専門学校

観光系の専門学校に通えば、観光関連の仕事に必要な知識やスキルを集中的に習得することができます。

ただし、観光系の専門学校を卒業することがバスガイドになるために必須の条件ではありませんし、観光系の専門学校を卒業した(する予定である)からと言って確実にバスガイドになれるわけではありません。

大学で役立つ勉強をする

観光系の専門学校以外でも、バスガイドとして働くうえで役立つ知識・スキルを身につけることができます。

・観光学:観光の基本知識および関連知識(文化学、社会学など)を学べる
・歴史学:観光地の歴史について学べる
・外国語学:外国語スキルや外国の知識について学べる
・コミュニケーション学:コミュニケーションのスキルを学べる

今後、バスガイドとして生き残るためには「個性」が重要であり、秀でた分野があるバスガイドとして活躍することができます。

バスガイドに向いている人

社交的な人

バスガイドは、丁寧な受け答えと明るい雰囲気づくりなどを通じて、ツアー客に楽しい旅行を提供するのが大切な仕事です。

会話が苦手で短気な人では、コミュニケーションに苦労します。

社交的でコミュニケーション能力に優れ、人との会話を楽しいものにできる人であれば、ツアー客を満足させられるバスガイドとして活躍できるでしょう。

性格の明るさも、バスガイドとしての仕事に大きく影響することになります。

勉強熱心な人

バスガイドには、観光地やさまざまな知識を持つことが求められます。

社内研修以外にも閑散期の事務所で勉強、休日にも勉強に時間を費やしてさまざまな知識を蓄えることが重要です。

勉強熱心で知識を蓄えることが好きな人であれば、勉強も苦になることはないでしょう。

観光や歴史が好きな人

バスガイドは観光目的でバスツアーに同行するわけではありませんが、観光地を巡る仕事であることは確かです。

バスガイド自身が観光や歴史が好きであれば、モチベーションを高めて仕事をこなすことができるでしょう。

また、仕事用の勉強についてもより深い知識を得られる機会が多くなる可能性があります。

細かな気配りができる人

バスガイドは、ツアー中に利用客の体調に気を配る必要があります。

速やかに対処できれば最小限の影響で済み、途中で帰らなければならない人を減らすことができます。

細かな気配りができるバスガイドであれば、利用客の小さな変化にもすぐに気づくことができ、すぐに対処して楽しいツアーを継続できるでしょう。

体力に自信がある人

バスガイドの仕事は「体力勝負」の側面も強いです。

中には体力面での問題でバスガイドの仕事を辞めてしまう人も多いので、バスガイドを目指すのであれば体力作りも重要です。

環境の変化に強い人

バスガイドはさまざまな観光地を巡ります。

全国様々な地域へのツアーを企画する会社に勤めるのであれば、寒暖差のある地域へも向かうことになります。

また、宿泊日程があるツアーであれば、バスガイドも旅行先で泊まらなければなりません。

こうした環境の変化に耐えられないと、バスガイドの仕事は続けられないかもしれません。

バスガイドに向いている人・適性・必要なスキル

バスガイドのキャリアプラン・キャリアパス

入社後の研修で基礎を学ぶ

バスガイドの最初の仕事は「社内研修」です。

長ければ数か月間の研修期間が設けられている会社もあり、会社によっては研修中の社員寮への入寮を必須とするケースもあります。

研修では観光関連の知識やマナーを学び、実際にバス車内での実地研修も行われます。

仕事を通じてスキルアップしていく

研修終了後は、実際のバスツアーでバスガイドとして働き始めることになります。

実際にバスガイドとして働きながら、バスガイドとしてのスキルを磨いていくことになります。

また、研修終了後も勉強は必須であり、ツアー業務がない日は事務所で観光の勉強をします。

派遣会社や他業種への転職も視野に入れられる

そうしてバスガイドとして知識とスキルを磨いていけば、優秀なバスガイドとして名を広めることができます。

派遣会社に登録してフリーのバスガイドとして、各地の観光バス会社で働くこともできるでしょう。

また、バスガイドとしての経験を活かして、全く別の業種に転職するという道もあります。

・添乗員
・観光地の宿泊施設
・観光案内所
旅行代理店
・司会業
アナウンサー

バスガイドを目指せる年齢は?

バスガイドになるために、基本的に年齢制限はありません。

未経験の場合は覚えることが多いことなどを理由として、若い人材が好まれる傾向にあります。

バスガイド経験者の転職または復職の場合には、ある程度の年齢でも好まれる傾向にあります。

これは、バスガイドが経験重視の職種であることに由来しており、経験豊富で即戦力、さまざまなケースに対応できる人材として重要視されます。

ただし、高齢になるほどにハンディキャップとして「体力面での問題」が重くのしかかることになります。

前述のとおりバスガイドの仕事は体力も重要な要素の1つになるため、若い世代よりも体力面で劣る年齢になるほどにバスガイドとして働くのがキツくなってしまいます。

バスガイドは高卒から目指せる?

バスガイドの採用条件は、「高卒以上」に設定している観光バス会社も少なくありません。

バスガイドの仕事は特別な資格を必要とせず、最低限必要な知識やスキルは社内研修で身につけることができるので、高卒の学力でも何ら問題はありません。

むしろ「若いバスガイドを好む客層」向けに、18歳でバスガイドとして雇い入れる会社も少なくありません。

その点では高卒という年齢は有利に働きますが、一方で不利な点もあります。

大学・短大で学ぶ時間があれば、その間に「観光学」や「歴史学」「コミュニケーション学」といったバスガイド向けの勉強ができます。

高卒でバスガイドになった人は、新人の頃は知識面で不利さを感じてしまうかもしれませんが、就職後にも勉強の機会は十分に用意されていますので安心してください。

バスガイドは男性でもなれる?

「バスガイド=女性の仕事」というイメージが強いですが、男性でもバスガイドになることは不可能ではありません。

2019年の春、70年の歴史を誇る「はとバス」で、はじめて男性バスガイド候補生を2名採用したというニュースは話題になりました。

男性は体力がありますし、高齢女性を中心に男性バスガイドの需要があることも確かです。

ただし、割合的には女性バスガイドの方が圧倒的に多く、同業者に同性が少ないという点は男性バスガイドにとって不安要素の1つになるでしょう。