バスガイドのつらいこと・大変なこと・苦労

バスガイドのつらいこと・大変なこと

勤務体系が不規則で、休日や祝日に休めない

バスガイドの業務スケジュールは、従事するツアーの内容によって大きく変動します。

どこへ行くのか、1日に何か所回るのか、宿泊有りのツアーなのかによってバスガイドの1日は決定されますので、ツアーごとに業務スケジュールが変動することに慣れなければなりません。

また、毎日のようにバスに乗るわけではなく、閑散期には事務所で観光の勉強をするケースもあります。

基本的にバスツアーは一般的に仕事が休みになる土日や祝日に集中するため、逆にバスガイドはそのタイミングでは休むことができません。

友人と休みを合わせられないため、一緒に遊んだりするなどプライベートの予定を立てにくい点はバスガイドの辛いところであると言えます。

体力を使う仕事である

バスガイドの仕事は、基本的に立ち仕事・歩き仕事です。

車内でも立っていなければならない時間が多いですし、観光地では利用客と一緒に観光地を歩かなければなりません。

休憩はありますが、観光客以上に疲れることは確実です。

利用客とのコミュニケーションに苦労することがある

バスガイドの仕事は、利用客とのコミュニケーションが大切です。

しかし、十人十色というように、人によって性格や好み、感情の振れ幅は大きく異なります。

コミュニケーションにおいて何が気に障るかわかりませんので、時には「なぜ?」という理由で利用客とのコミュニケーションに失敗してしまうこともあります。

特にバスガイドとしての経験が浅い人にとってはつらいところで、「自分には才能がないのでは?」と落ち込んでしまう人もいるようです。

たくさん勉強しなければならない

バスガイドの仕事は、利用客以上に観光地に詳しくないと成り立ちません。

しかし、観光ガイド片手にガイドするような姿勢を見せるわけにはいきませんので、ツアー前にしっかりと観光地の勉強をしておく必要があります。

また、観光地周辺の地理や方言、風習など、車内や観光地で説明すると喜ばれる内容についても可能な限り押さえておく必要があるので、バスガイドの仕事は仕事をこなすための勉強量が多いのです。

バスガイドの悩み

説明時に左右が逆になる

バスガイドは車内で車両後部方向を向く、つまり乗客と対面している状態で説明します。

例えば進行方向右側はバスガイドにとって左側であり、左手を向けながら「右手をご覧ください」といいます。

対面時には良いのですが、相手と同じ方向を向いている最中にも左右を逆にして説明してしまう癖があるバスガイドがいるようです。

無駄に会話を盛り上げようとしてしまう

バスガイドは、ツアー中に利用客が退屈しないように、特に長時間移動する車内では会話で盛り上げる必要があります。

時にはダジャレを交えながら利用客を楽しませるわけですが、休日にプライベートの会話中にもその癖が出てしまって、必要以上に盛り上げたり、シャレ好きと勘違いされることもあるようです。

身だしなみや言葉遣いが気になり、丁寧になる

バスガイドに限った話ではありませんが、大勢の利用客に近い場所で仕事するため、身だしなみや言葉遣いには細心に注意を払う必要があります。

それがプライベートにも影響し、休日なのに不要なほどにしっかりとした身だしなみや、丁寧な言葉遣いをしてしまうバスガイドがいます。

バスガイドを辞める理由で多いものは?

給料が少ない

厚生労働省の調査によると、バスガイドの年収は300万円前後になるケースが多く、多い人でも500万円ほどになります。

体力と知識の両面で苦労が多く、プライベートを充実させることができないわりに収入が少ないことに不満を感じるバスガイドは少なくありません。

経験を積めばフリーランスとしてバリバリ活躍するという働き方も選べますが、そこに至るまでには相当な苦労を伴うことになります。

体力的につらくなった

バスガイドの仕事は体力勝負です。

観光地では利用客と一緒に歩かなければなりませんし、利用客が休憩中も仕事をしなければなりません。

女性が多いバスガイドという仕事の関係上、どうしても体力的にキツいと感じる人が多くなるのです。

知識面で限界を感じた

バスガイドの仕事は、観光地に関する情報を中心に、さまざまな知識を有していることが要求されます。

ときに、利用客が知っていることすら知らないことで何らかの指摘を受けるケースもあり、勉強が追い付かずに知識面での限界を感じてバスガイドを辞める人も少なくありません。