バスガイドの求人募集の状況は?

バスガイドの就職先にはどんなところがある?

観光バス会社

バスガイドの就職先として最も多いのは「観光バス会社」です。

観光バス会社は路線がある程度固定化されているため、観光地の知識に関してはより集中的で深い内容が求められることもあります。

また、求人においてはバスガイドとしてだけではなく「添乗員・ツアーコンダクター」としての業務も求められる可能性がありますが、その場合は「旅程管理主任者」の資格が必要になりますので、バスガイドとしてだけ働きたい場合には面接時にその旨を伝えておく必要がある可能性があります。

求人においてバスガイドと添乗員の求人を分けている会社であれば問題ないでしょう。

旅行会社・観光会社

観光バス会社の次の多いのが「旅行会社・観光会社」といった観光業を営む会社です。

観光バス会社と比較して広い規模で観光ツアーを提供していることが多く、必然的にバスガイドの仕事も各地に出向く必要があることになります。

さまざまな観光地を巡ることができるので観光好きの人にとってメリットがある一方、幅広い観光地の知識が必要になりますので勉強は大変です。

こちらの場合でもバスガイドオンリーなのか、添乗員兼務なのかを明確にして求人に応募する必要があります。

派遣会社・フリーランス

特定の観光会社に就職するのではなく、「派遣会社」に登録してフリーのバスガイドとして働く道もあります。

会社によっては経験不問でバスガイドとして働けるところもあり、その場合は本番前に研修を受けられるので安心して働くことができます。

既にバスガイドとして何年も勤務経験があり、名が売れている人であればフリーとして広く活躍することも難しくありません。

バスガイドの求人の状況

バスガイドの求人は、観光バス会社や観光バスツアーの需要がある限り、廃れることはないといえます。

ただし、一昔前と比較すると求人に陰りが見えている側面もあるため、バスガイドとして生き残るためには個性を活かした活躍が重要になります。

低価格化と高品質化の二極化によるバスガイド需要の変化

バスガイドの求人需要は、バスツアーの「低価格化」と「高品質化」という二極化のどちらに路線が傾いているかによって大きく変動します。

低価格路線に傾いている会社であれば、バスガイドを省いて人件費を削減し、低価格でバスツアーを提供することになるため、バスガイドの需要は低くなってしまいます。

一方で、低価格路線に対抗する形で「高品質化」を目指す会社も増えてきており、腕の良いバスガイドを自社教育することで高品質なバスガイドをつけたバスツアーを強みにしていれば、バスガイドの求人需要も大きくなります。

機械化・AI代替は起こりにくいと予測

近年、「ロボット・AI」による仕事の非人間化が進められており、さまざまな業種で「近い将来、AIに置き換わるだろう」と予測されていますが、ネットではバスガイドの仕事はAIに置き換わることはないだろうと予測されています。

バスガイドの仕事は人間性・人間味が問われる側面も強く、感情面でまだまだ人の代わりを務めることが難しいAIではバスガイドの仕事は代替することはできないだろうというのが大方の予想となっています。

過去にロボットによるバスガイド業務の試験運用が行われましたが、高品質路線に傾く観光会社であれば、まだまだ人間のバスガイドを運用し続けるでしょう。

バスガイドの就職先の選び方

正社員雇用である

バスガイドとして働いていこうと考えているのであれば、やはり「正社員雇用」であることは念頭に置いておきたいところです。

社員研修でバスガイドとして必要なスキルや知識を身につけられますし、給料や福利厚生も安定しています。

派遣会社で働く場合、バスガイドの勤務経験が必要なケースもありますので、最初からフリーでバスガイドになることはおすすめできません。

各種「手当」が明確である

「残業手当」「休日出勤手当」など、働くうえで発生するさまざまな「手当」について明確にしている会社であることは重要です。

バスガイドの仕事は残業や休日出勤も少なくないのですが、会社によっては手当てをあいまいにしているところがあることも事実です。

バスガイドの仕事は重労働のわりに収入が少なめなので、各種手当をしっかりと支給されることが明確であることは重要なのです。

休日の取りやすさ

バスガイドとして働くうえで「休日の取りやすさ」は重視したいところです。

特に繁忙期の休日の状況は仕事のモチベーションや体調を考慮して、可能な限り柔軟性をもっている会社を中心に選びたいです。

福利厚生の充実さ

バスガイドの仕事はなかなか重労働なので、モチベーションや体調を考えると「福利厚生」が充実していることも重視したいです。

福利厚生は会社によって内容が大きく異なりますので、求人に応募する際には会社ホームページ等でしっかりと確認しておきましょう。

社員寮の有無

「社員寮」があることは、選定ポイントの1つとなります。

バスガイドの仕事はあまり多くの収入を得られないため、社員寮があれば生活費を節約することに繋がります。

また、社員寮が会社に近いところに立地していれば、朝早くから夜遅くまで勤務することも多いバスガイドにとって通勤しやすくなります。

目的地・勤務エリアの違い

観光バスは、会社によって路線・目的地のエリアが異なりますので、必然的にバスガイドとしての勤務地にも影響することになります。

例えば東京に本社・営業所のある会社の場合であれば、バスツアーも首都圏や関東及びその周辺のバスツアーが中心となりますが、中国地方の会社であれば中四国や九州、近畿エリアが勤務地になることが多いです。

目的地のエリアに「自分の地元がある」「好きな観光地・知識面で有利な観光地がある」会社であれば、仕事をしやすかったり、仕事のモチベーションを維持するのに役立ちます。

また、会社によってバスツアーの内容や目的地がある程度固定的か変動的かも異なりますので、その点も選定基準に加えておきたいところです。

バスガイドの志望動機・面接

旅好きであることだけでは採用されない

バスガイドになった人の多くは「旅好きである」ことが志望動機になっていますが、それだけでバスガイドになれるわけではありません。

バスガイドとして採用されるためには「バスガイドになりたい熱意」や「人を喜ばせることが好きか」「コミュニケーション能力やマナーは備わっているか」などの人間性が面接で重要視されるため、そういったポイントをしっかりとアピールしなければなりません。

突発的な要求にも応えられる心構えと臨機応変さも重要

バスガイドの面接では「歌を歌ってみてください」と要求されることもあります。

これは歌唱力を要求されているわけではなく「突発的な要求に応えられるか?」がみられていることが多いです。

歌に自信がなかったとしても拒否したりしどろもどろになったりせず、笑顔と自信を前面に押し出して対応しましょう。

歌う以外にも何らかの要求がなされる可能性もありますので、何を要求されてもうろたえないように心構えしておく必要があります。

バスガイドの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

バスガイドの就職先はどのように探したらいい?

基本は求人情報で探す

バスガイドの就職先は、基本的に何らかの「求人情報」から探すスタイルになります。

学校に求人が出されることもありますが、最近ではネットでバスガイドの求人情報を掲載している観光会社も多いです。

バスガイドは短期間で辞める人も多いので、求人情報はそれなりに出されており、会社によってはある程度の年齢や未経験者でも採用するというケースもあります。

観光専門学校であれば学校から紹介してもらえるかも?

バスガイドになるために「観光系の専門学校」に入学する必要はありませんが、バスガイドに必要な知識・スキルを習得できるだけでなく、就職においても有利に働く可能性があります。

学校によっては観光業者とのつながりが強く、卒業するにあたって就職先を紹介してくれるケースもあるのです。

バスガイドになるために観光系の専門学校に通うことは必須ではありませんが、バスガイドへの就職を見据えて専門学校に通うという選択肢も十分に有効であるといえます。

派遣会社に登録して働くこともできる

バスガイドとして経験を積めば、派遣会社に登録してフリーのバスガイドとしてさまざまな観光会社で働くという道も選択できます。

ただし、勤務先がさまざまな観光会社・観光地になるため、観光に関する知識とバスガイドとしての経験が豊富でなければ、なかなか仕事が見つからない可能性もあります。

ですが、観光バス会社によっては自社の社員としてバスガイドをあまり雇用せず、繁忙期になれば派遣のバスガイドを依頼するというところもありますので、需要があることは確かです。