バスガイドに向いている人・適性・必要なスキル

バスガイドに向いている性格・適性

社交的で明るい人

バスガイドの仕事は、ツアーの利用客が少しでも楽しく観光できるように工夫する必要があります。

必然的に利用客との会話が必要であり、利用客と接するにあたっては社交性の高さや明るい性格であることが重要なポイントになります。

丁寧なコミュニケーションを密に行い、ツアーの品質を高めることができるバスガイドは観光バス会社からもツアー客からも重宝される存在となります。

人を喜ばせるのが好きな人

バスガイドの仕事は、いかに利用客を喜ばせ、ツアーの品質を高められるかが重要です。

おもてなしの精神を常に抱き、どうすれば利用客に喜んでもらえるか、どういったことが求められるかを研究して実践できる姿勢が重要になります。

勉強熱心な人

観光客を少しでも楽しませるためには、観光地での濃密な説明が欠かせません。

その知識は日ごろの勉強で培う必要があるため、勉強熱心であることはバスガイドの適性の1つであるといえます。

観光地の歴史や見どころだけでなく、周辺の風土や方言などの地方の特色や、いかに利用客を盛り上げられるかの工夫の研究なども必要になります。

気配りができる人

バスガイドは、利用客の体調の変化にいち早く気づき、しかるべき対処を行う必要があります。

利用客は一度に何十人といますが、細かな気配りができる人であれば1人1人の状態を常に確認でき、体調不良が悪化する前の段階で応急処置できるケースも多くなります。

バスガイドになるには? 資格は必要?

バスガイドに必要なスキル・能力

観光地の知識

前述のとおり、バスガイドは観光地のガイドにおいてその歴史や見どころ、関連するさまざまな知識を蓄えておく必要があります。

大学で「観光学」「歴史」などを学んでおけば、就職後に有利に働く可能性が高いです。

また、歴史の他にもその地方ならではの情報についても仕入れておく必要があり、会社での勉強だけでなく退勤後や休日にも次のツアーに役立つ知識を仕入れておく必要があります。

丁寧な言葉遣いと立ち居振舞い

バスガイドは、丁寧な言葉遣いや立ち居振る舞いが求められます。

基本的なビジネスマナーだけでなく、バスガイドとして「利用客に常に見られている」ことを意識して緊張感を保ち、ツアー中いついかなる時でも上品さや優雅さを感じてもらえるようにする必要があります。

気さくなバスガイドも好まれるでしょうが、あくまでも言葉遣いや動作に丁寧さがあってのことです。

タフさ

バスガイドの仕事は、見た目の優雅さとは裏腹に体力が必要とされる仕事でもあります。

また、多くの利用客からの要望に応え続けることによるストレスにも耐えなければなりません。

体力・精神力ともに必要な仕事であるため、タフな人ほどバスガイドとして頑張っていけるでしょう。

バスガイドに向いていないのはどんな人?

コミュニケーションが下手な人

バスガイドの仕事は、長時間にわたって利用客と接し続けることになります。

最低限の情報だけでなく、時にはユーモアさも求められる仕事であるため、バスガイドにはコミュニケーション能力の高さも求められることになります。

コミュニケーションが苦手だという人には、バスガイドの仕事は苦痛に感じる場面が多くなるでしょう。

ネガティブな人

バスガイドの仕事は、時に失敗してしまうこともあります。

それも、何十人という利用客の前で恥をかくことになりますので、あまりネガティブに捉えずに、次に活かすことを第一に考えることが重要です。

ネガティブに捉えがちだと、次もまた何十人という人の前に立つわけですから、仕事が長続きしない可能性が高くなってしまいます。

高い給料を期待する人

バスガイドの仕事は、それほど多くの収入を得られる仕事ではありません。

月給だと20万円を下回ることが多く、多い人でも年収500万円クラスにとどまります。

高い給料を得ることの難しい職種であるため、お金持ちを目指すのであればバスガイドの仕事はあまり向いていないかもしれません。