バスガイドの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

バスガイドを目指すきっかけで多いものは?

旅好きである

バスガイドを目指すうえで志望動機として特に多く見られるのが「旅好きである」という点です。

バスガイドはツアー客と一緒にさまざまな観光地を巡る仕事です。

必然的にバスガイドも(仕事中であるとはいえ)観光地を満喫することができるので、旅好きの人にとって天職であるといえます。

修学旅行のバスガイドに憧れたから

バスガイドの志望動機として「憧れていた」という人は多いです。

多くの人は「修学旅行」でバスガイド付きのツアーを体験しており、その際にバスガイドの人柄や楽しい旅行にしてくれたこと、見た目の優雅さなどに憧れの感情を抱くことがあります。

あるバスガイドは「就職を考えるにあたって、憧れを抱いた職業は何かと聞かれて、バスガイドになろうと決心した」と語っています。

バスガイドの志望動機の考え方

「旅好き」だけでは志望動機として弱い

バスガイドの志望動機として「旅好きである」という点は、確かに共感できるところが多いと思われます。

しかし、それだけではバスガイドになりたい志望動機としては、決定打にかけてしまうというのが実情です。

旅好きであることをアピールするだけでは「ならば一人、ないし友人と旅行に行けばいい」と一蹴されてしまいます。

旅好きであるからバスガイドになるというのは、あまりにも自分本位であり、採用する側としては自社に貢献できる人材として評価することは難しいのです。

「バスガイドという仕事」に対する熱意をアピールする

重要なことは「なぜ旅好きで、バスガイドを目指すのか?」という部分です。

旅好きであれば、旅行代理店や観光系の雑誌の編集者、観光地で働くといった選択肢もあります。

そんな中で「なぜバスガイドになりたいのか?」という点を志望動機として強くアピールする必要があるのです。

旅好きをアピールするにしても、それがバスガイドになるうえでどのように役立つのか、就職先やツアー利用者にどのような形で貢献できるのかをアピールしなければ、バスガイドになることは難しいといえます。

バスガイドの志望動機の例文

修学旅行のバスガイドの姿に憧れて

「私は高校生の時の修学旅行でバスガイドさんの姿を見て憧れ、バスガイドを目指そうと思いました。

修学旅行でのバスガイドさんの姿は感動的で、そのころからバスガイドになろうと思い、大学でも観光学を専攻しました。

修学旅行でのバスガイドさんの頑張りで、修学旅行はとても楽しい思い出になり、今でも当時のクラスメートとの話にそのバスガイドさんの話が出てくるほどです。

私も、あのバスガイドさんのように旅行する人たちの心を満足させられる、充実した旅行にできるようなバスガイドになりたいと思い、そのための努力を惜しまないつもりです。」

趣味のバス旅行とバスガイドの姿

「私は旅行が好きなのですが、その中でも車窓からの風景を満喫しやすいバス旅行が好ましいと思っています。

全国さまざまな場所をバスツアーで巡りましたが、バスガイドさんの説明のおかげでその地域の特色など、観光するだけではわからない知識もたくさん知ることができました。

今までバス旅行などで得た知識を活かし、お世話になったバスガイドさんのように旅行者の旅の満足度を高められる仕事をしたいと思い、バスガイドを志しました。

まだまだ知識不足は感じていますが、今まで以上に観光の知識を身につけて、これからバスガイドとして関わる旅行する人たちに充実した旅行を提供できるように頑張りたいと思います。」

小さなころのバスガイドの思い出

「私は小さいころ、両親と一緒にバス旅行に参加したのですが、小さい私には退屈な場所だったと記憶しています。

おそらく私は退屈そうな顔をしていたのでしょう、そんな私をツアーに同行していたバスガイドさんは常に気にかけて、私にも楽しめるようにやさしい説明をしてくれました。

旅行は、老若男女かかわらず、誰もが等しく楽しめるものであるべきだと思い、バスガイドになってツアーに参加する人たち全員に楽しんでもらえるような仕事をしたいと思っています。」

バスガイドの面接で聞かれること・注意点

人間性が重視される

バスガイドの採用試験では、面接試験が重視されます。

面接においては、バスガイドとして働くうえで重要な「人間性」が重要視される傾向にあり、思いやりや人当たりの良さといった点が高評価のポイントとなります。

知識はさほど重要視されない

バスガイドとして働くうえでは「観光関連の知識」を有している点はメリットがありますが、採用試験においてはさほど重要視されない傾向にあります。

バスガイドの採用試験では筆記試験も行われますが、知識に関しては就職後の研修や勉強で身につくため、人間性の良さのほうが重視されることが多いです。

「歌」を歌うこともあるかも?

バスガイドの面接では「歌を歌うこと」を要求される可能性があります。

これは、バスガイドとして車内で歌を歌う機会があることに由来しますが、歌唱力の高さを見るわけではなく「ツアー客からの突発的な要求に応えられる能力」がみられる傾向にあります。

その他「え?面接でそんなことやらされるの?」という内容が要求される可能性もありますが、応じられる範囲で、笑顔で応じるように心がけてください。

バスガイドの自己PRのポイント

バスガイドになりたいという熱意を伝える

バスガイドの仕事はハードであり、体力勝負な部分も少なくありません。

そんなバスガイドになりたいのだという熱意を、面接や志望動機でしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

仮に「体力に自信はあるか?」と聞かれたら、多少自信がなかったとしても頑張る姿勢をみせることが重要です。

人を喜ばせる・楽しませることの重要性を理解していること

ただし、バスガイドとして働きたい熱意を「旅好きである」などの情報で伝えるのは良しとしても、重要なのはそれだけではない点には注意が必要です。

バスガイドの仕事はあくまでも旅を楽しむ仕事ではなく「ツアー客に旅を楽しんでもらう仕事である」ということを、いかに理解しているかを伝えることも重要なポイントとなります。

バスガイドの履歴書で気をつけるべきことは?

バスガイドには、丁寧なしぐさが要求される場面が多いです。

履歴書の字が雑だったり、誤字脱字が目立っていると、どうしても雑で不真面目な印象を受けてしまいます。

履歴書の字は丁寧に、誤字脱字が無いことを念入りにチェックしておきましょう。

履歴書がその人の人となり全てを表しているわけではありませんが、バスガイドの仕事は一期一会、一度の出会いがそのバスガイドの評価を決定づけてしまう可能性が高い仕事です。

採用担当者への第一印象となる履歴書にも力を入れ、失敗しないようにしましょう。