バスガイドの働き方の種類・雇用形態

バスガイドの雇用形態

バスガイドの働き方は、主に以下の5種類です。
・正社員
・契約社員
・派遣会社からの派遣
・アルバイトやパートタイマー
・フリーランス

これからバスガイドとして働こうと思っているのであれば、社内研修でしっかりと知識とスキルを身につけることができる正社員または契約社員として働くことをおすすめします。

ある程度バスガイドとしての経験を積めば、派遣会社やフリーランスとして、さまざまな観光バス会社で働くという選択肢も現実味を帯びてきます。

体力的に辛い仕事でもありますので、体力や家庭の事情を考慮して正社員・契約社員からバイト・パートに鞍替えするという人も少なくありません。

バスガイドとしての働き方には、それぞれのメリット・デメリットが大きく異なりますので、それを理解したうえで最適な働き方を選びたいところです。

正社員のバスガイド

バスガイドとして最も安定した働き方であり、順調に経験を積むことができる雇用形態は「正社員バスガイド」です。

安定した給料とボーナス、福利厚生を期待できる働き方であり、仕事内容も安定しているため経験重視のバスガイドとしてスキルアップするのに最も適した雇用形態であるといえます。

仕事はフルタイム制であり、入社後すぐは社員研修によってバスガイドとしての知識とスキルを身につけられます。

社員寮があれば、利用することができます。

なお、給料は安定しているとはいえ、これは月給制であることが理由であり、高い給料をもらえるというわけではありません。

そもそもバスガイドの仕事は収入が少ないことでも有名であり、収入の少なさを理由にバスガイドを辞めるという人も少なくないのが実情です。

とはいえ、正社員はバスガイドとして基本的な働き方であるため、バスガイドとしての経験を確実に積みたい人はこの雇用形態で数年は勤務することをおすすめします。

契約社員のバスガイド

正社員として採用される場合でも、最初の数か月は「契約社員」の形で働くというケースもあります。

雇用形態の名称は異なりますが、実際の仕事内容は正社員のそれと大して変わりません、基本的に同じ働き方をします。

一定の期間を単位とした契約更新を基本とし、勤務態度などに問題がなければ更新される働き方となりますが、何か問題があれば契約を更新してもらえない可能性もあります。

その点において、正社員ほど安定した働き方ではないのですが、多くの場合は契約社員として入社後しばらくしたら正社員雇用されたり、こちらから希望すれば応じてくれる会社もあります。

基本的な仕事内容が正社員と同じであるため、経験を積む観点から言えば正社員としての働き方と基本的に同じ雇用形態であるといえます。

ただし正社員と同じ安定性ではない雇用形態であるため、契約社員として入社して正社員を希望する場合には入社後の雇用形態変更に関して明確にしておく必要があります。

派遣のバスガイド

バスガイドとして働くうえでは「派遣」という働き方についても考える必要があります。

派遣会社に登録して、日程が合えば指定の観光バス会社で仕事をします。

自社でバスガイド社員を雇っていなかったり、繁忙期で人手不足になったら派遣のバスガイドを雇うというスタイルの会社が多いです。

こうした事情があるため、派遣のバスガイドには「即戦力」としての活躍が期待されており、つまり「バスガイド経験者」でないと派遣のバスガイドとしては働けないケースが多いのです。

すでにバスガイドとしての勤務経験が長く、利用客からの評判が良いバスガイドであれば、好待遇で働ける場面も多くなります。

正社員ほど安定していない働き方ではありますが、家庭との両立など柔軟性のある働き方を希望する人が派遣会社に登録することが多いです。

また、バスガイド未経験者でもOKだったり、バスガイド専門の派遣会社もあったりするので、正社員として就職先が見つからないバスガイド希望者が経験を積むために派遣会社に登録するケースもあります。

アルバイト・パートのバスガイド

バスガイドの働き方には「アルバイト・パートタイマー」といった雇用形態も用意されています。

待遇は正社員と比較して良くないケースがほとんどであり、派遣の働き方ほど稼げないことが多いです。

一般的なアルバイトの働き方のメリットは「勤務時間が正社員ほど長くない」「正社員よりも簡単な仕事が多い」といった内容が挙げられますが、バスガイドの仕事はそうでもありません。

まず勤務時間に関しては、バスツアーに同行するという関係上、半日で終わるといった働き方は現実的ではなく、1日フルで働くことがほとんどです。

正社員との働き方の大きな違いは「勤務日数」となります。

求人内容によっては月間数日でもOKというところもあり、あまり多くの日数は働けない人がアルバイト・パートでバスガイドの仕事をするというケースが多いです。

一方で派遣と同じくバスガイド経験があることが必須の求人が多く、未経験者がバイトとしてバスガイドの仕事をすることは基本的に現実的ではありません。

フリーランスのバスガイド

派遣と似たような働き方ではありますが「フリーランス」としてバスガイドの仕事をする働き方もあります。

派遣と同じく経験が重要であるため、未経験者が始めからフリーのバスガイドになることはできませんが、経験豊富なバスガイドであればフリーで雇いたいという会社・人は多く、繁忙期などで人手が足りない時などには特に重宝されます。

ちなみに特定の観光バス会社で働くわけではないという点において派遣と似たような働き方ではありますが、派遣は会社との雇用関係がありますが、フリーランスには雇用関係がありません。

そのため、労働基準法がフリーランスには適用されず、年金などの関係で会社のサポートを受けられないというデメリットがあります。