塗装工になるには

資格や免許はなくてもOK

塗装工として働くにあたって必要な国家資格や免許というのは特にありません。

たとえ未経験者でもやる気があって体力に自信がある人であれば誰もが挑戦できるのが塗装工の魅力です。

また、年齢に関しても特に重視されない傾向があります。

塗装工をめざす人の多くが10代や20代の若者で、高校卒業後に就職する人も少なくありません。

求人票を見ると全国各地で「塗装工見習い」の募集が出ているので、こうした求人に応募して建設会社住宅メーカーの関連企業などで働くとよいでしょう。

採用の際には自動車の運転免許を取得していると重宝されることもありますが、それ以外の資格に関しては特に就職前に取得しなければいけないものはないようです。

「塗装技能士」という資格もありますが、働きながら取得をめざせば問題ありません。

塗装技能士は厚生労働大臣が認定する資格で、受験者のレベルに応じて一級、二級と試験内容が分かれています。

学科試験と実技試験がありますが、実務経験のある塗装工であればそれほど難しくない内容だといわれています。

就職前にこの資格を取得しておく必要はないので、仕事をしながら取得をめざすとよいでしょう。

また、塗装工として独立して専門事業を営む場合は、建設業務法に基づく「塗装工事業」の許可を申請する必要があります。

足場作業主任者の資格

塗装工は建物の工事現場で働くことも多く、ときには高層階のビルや二階建ての住宅などの塗装の際に足場を組んで作業をしなければいけないこともあります。

この作業自体は足場を組むプロフェッショナルである作業員に任せることも多いですが、塗装工がこの作業ができると仕事の幅が広がるので資格の取得をめざす人が多いのです。

一般社団法人である労働技能講習協会の「足場の組み立て等作業主任者技能講習」を受けると修了証を交付してもらうことができます。

足場の組立て等作業主任者技能講習

また、塗装工が塗料を使って安全に作業するためには、シンナーなどの有機溶剤に関する知識が必要です。

こうしたことを踏まえて「有機溶剤作業主任者技能講習」を受ける人もいます。

有機溶剤作業主任者技能講習

カラーコーディネーターや色彩検定の資格

塗装の作業自体には直接関係ありませんが、資格を取得することでセンスを磨けるものもあります。

たとえば「カラーコーディネーター」や「色彩検定」は、それぞれの色味が持つ視覚的な効果や上手な活用の仕方を学ぶことができるので、色彩について勉強したいという塗装工にとって役立つ資格です。

実務に慣れて余裕ができた頃にステップアップの一環として挑戦してみるとよいでしょう。

塗装工になるための学校

塗装工になるために進学したほうが望ましいとされる学校はあるのでしょうか。

まず、この業界で働く上で学歴は重視されないので、中卒や高卒の人でも採用に不利に働かないケースが多いことは知っておくとよいでしょう。

「自分には学歴がないから」と諦める必要はありません。

また、塗装工を養成するための民間の専門学校や通信教育もないので、多くの人が知識や経験がない状態で就職することになります。

例外的に、職業訓練校で塗装工をめざす人のための就業支援プログラムが受講できることがあるので、このプログラムを受けてから就職活動をする人もいます。

塗装工になるための就職試験

採用試験では、書類選考に加えて面接試験があるのが一般的です。

職人の世界なだけに、見習い期間を耐え抜くだけの根性とやる気があるかどうか、先輩にわからないことを尋ねられるコミュニケーション能力があるかどうかがチェックされます。

知識や経験がなくても、人間性やタフさを評価され採用されることが多い業界です。

塗装工を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で塗装工を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、塗装工の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも塗装工が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。