塗装工の仕事内容

塗装のスペシャリスト

ビルや家などの建物を作る際にペンキを使って塗装作業をするスペシャリストとして活躍するのが「塗装工」です。

塗装工の多くは「建築塗装工」で、建築関係の企業や住宅メーカーに雇われていて、新築工事はもちろんのことリフォームやリノベーションの現場でも活躍しています。

塗装というのは一見すると色を塗るだけの単純な作業に見えるかもしれませんが、クライアントのオーダーに合うように塗料の種類や色を決めるためのセンスや、建物の形状や材質に適した塗り方をするための高い技術が必要です。

また、塗装の目的は単に見た目を美しくするためではなく、水や錆を防いだり熱を遮ったりして建物の耐久性を高める効果もあるので、こうした知識も欠かせないでしょう。

建築に携わる塗装工以外にも、自動車工場で板金塗装に携わる塗装工や、家具のデザイン塗装に携わる塗装工もいます。

いずれの場合も腕の良い職人になるためには相当な経験が必要です。

資格や年齢、学歴などはあまり重視されず、とにかく実力がある人が重宝される業界です。

建築塗装工の仕事

それでは、建築塗装工の具体的な仕事内容を見てみましょう。

塗装工の仕事で最も多いのは、外壁の塗装です。

外壁は外気と接する部分なので、新築の際にどれだけ丁寧に塗っていたとしても、風や雨、雪などの影響を受けて汚れたり剥がれたりすることは避けられません。

数年から数十年おきに塗り替えることが多く、建築物に塗料を密着させるための下塗り、色合いを決めるための中塗り、外観を整えるための上塗り、と段階を重ねて何度も塗り足しながら仕上げるのが一般的です。

外壁と同じように外気に晒される部分としては屋根やベランダもあります。

屋根の場合は特に日差しや雨を受け止めることで劣化しやすいので、防水性や遮熱性を考慮しながら塗料を選ぶことが非常に大切です。

塗装の方法としては職人が刷毛やローラーを使って手作業で仕上げたり、場所によってはスプレーを吹き付けて仕上げたりすることが多くなります。

一般的な住宅の塗装であれば、上記のいずれかで行われています。

自動車板金塗装工の仕事

自動車工場で板金塗装に携わる塗装工の場合は、作業の内容が異なります。

新車のボディや部品の塗装を担当したり、「板金塗装」といって、中古車や事故車の板金作業と塗装作業を両方手がけたりするのです。

板金塗装をするためには自動車に関する知識や金属を扱う技術が必要なので、より専門性の高い仕事といってもよいでしょう。