宅建と相性のよい資格は?

複数の資格をもっている宅建士は多い?

宅建士(宅地建物取引士)は、資格保持者の独占業務である重要事項の説明や、契約書の作成、記名・押印など、不動産取引の際に必要となる一連の業務を担当します。

しかし、ひとくちに不動産といっても、その種類も業務内容もさまざまであり、また不動産に関わる職業自体が、宅建士以外にも膨大にあります。

このため、自身の知識やスキルを磨くために、あるいは取り扱える業務の幅を拡げるために、宅建士以外のほかの資格を持っている人も珍しくありません。

以下では、宅建士の業務との関連性が深く、宅建士と相性のよい資格について代表的なものをいくつかご紹介します。

宅建士と相性のよい資格

建築士

「建築士」は、建築物の設計や建築工事の監理を手掛けられる資格です。

建築基準法をはじめとする建築士の専門知識は、宅建士として建物を貸したり、販売したりする際に非常に役に立ちます。

建築士として自身で設計した建物を、土地とあわせて販売することもできますし、反対に、更地の購入者に対して建築プランを提案することもできます。

一級建築士は難関ですが、二級建築士や木造建築士といった下位資格もあり、段階的にステップアップしていける点も建築士資格の魅力です。

建築士の仕事

行政書士

「行政書士」は、官公庁に対する公的手続きの書類作成や手続きなどを代行できる資格です。

不動産取引のなかには、単に物件を売買するだけでなく、農地を宅地に転用するケースや、大規模な開発を行うケースなど、役所への許認可申請が必要になることもあります。

そうした際、行政書士の資格もあれば自分で申請手続きまで手掛けることができるため、仕事をスムーズに進められるうえ、宅建士としての報酬と行政書士としての報酬をダブルで得ることが可能です。

行政書士試験では、宅建士試験と民法に関する範囲が一部重複しており、資格を取得する上でもメリットがあります。

行政書士の仕事

ファイナンシャルプランナー(FP)

「ファイナンシャルプランナー(FP)」は、家計や税制、年金など、金融に関する専門知識を生かして、個人の資金計画をアドバイスする資格です。

マイホームをはじめ、不動産を購入する人のほとんどは、住宅ローンを利用して、何十年にもわたる返済計画を組みます。

住宅ローンが家計に与える影響は非常に大きく、お金の悩みや不安を持っている人は少なくありませんが、FPの資格も持っていれば不動産に関する相談だけでなく、経済的な相談にも応えることができます。

宅建士試験と重複している内容はあまりありませんが、試験の難易度はさほど高くなく、働きながら資格を取得することも十分に可能です。

ファイナンシャルプランナーの仕事

管理業務主任者

「管理業務主任者」は、マンションの委託契約にかかる重要事項を説明したり、管理組合に対して管理内容を報告したりする資格です。

マンション管理業務を行う不動産会社には、管理物件数に応じて一定以上の管理業務主任者を設置することが義務付けられているため、勤め先から資格取得を求められるケースもめずらしくありません。

宅建士と比べると、より物件管理に特化した資格といえますが、同じ不動産業界の専門資格であり、お互いの専門知識を補完し合うことができる相性のよさが魅力です。

なお、同じような資格として「マンション管理士」もあり、試験内容がかなり似通っていることもあって、ダブル受験する人もよく見受けられます。

宅建士と相性のよい難関資格

宅建士と相性のよい難関資格としては、「司法書士」「不動産鑑定士」「土地家屋調査士」などがあります。

ただし、これらの取得難易度は宅建士よりもはるかに高く、いずれも長期間にわたる粘り強い努力が必要となります。

なかでも、不動産鑑定士は、弁護士、公認会計士と並ぶ「文系三大国家資格」のひとつに位置付けられている難関資格であり、必要な勉強時間は約2000時間、宅建士のおよそ7倍というボリュームです。

不動産鑑定士の仕事

どの資格も取得するのは大変ですが、個々の資格には資格保有者にしかできない独占業務があり、非常に大きな相乗効果が得られるのは間違いありません。

宅建士を足掛かりとして、これら難関資格にチャレンジするというキャリアプランも十分に考えられます。