声優の働き方の種類・雇用形態

事務所・プロダクションに所属する声優

事務所とは業務提携の関係

声優として仕事をする場合、一般的には声優事務所やプロダクションに所属し、そこを経由して仕事やオーディションを紹介してもらう形になります。

事務所に所属すると、声優として働きたい人にとっては自分で仕事を探さなくてもよいというメリットがありますし、大手の事務所であれば仕事量が多く安定して働けるというメリットがあります。

さらに人気が高まれば、アイドルやアーティストとして活動するなど活動の幅が広がりやすく、こうした面でも事務所が大々的にバックアップし売り出してくれる可能性もあります。

ただし、こうした働き方は一般的な正社員とは異なりあくまでも「個人事業主」という形になります。

そのため、事務所に所属と言いながらも声優と声優事務所とは業務提携の関係となり、給料も固定給はなく仕事をした分だけ収入がもらえる成果報酬制となります。

事務所に所属するデメリット

声優として事務所に所属することは多くの人の憧れですが、事務所に所属することでデメリットとなる部分もあります。

事務所に所属した場合は、基本的に事務所から話がある仕事しかできないため、事務所を通さない仕事をしたい場合は、すべて事務所に相談し許可をもらわなくてはなりません。

また大手の事務所の場合は声優を保護するという観点からSNSの更新が自分でできなかったり、人気の声優ともなるとプライベートまで管理されたりするということもあるようです。

フリーランスの声優

フリーランスとして活躍する声優

事務所に所属して働く人がいる一方、フリーランス、つまり独立して働いている人もいます。

フリーランスになれば、事務所を通さずに直接仕事をもらうことになり、収入の面で考えると、事務所に支払う手数料がいらない分、成功すれば収入は一気に増える可能性があります。

ただし、事務所の看板を背負っていない分、自分の実力だけで勝負することになります。

もし大手事務所に所属していれば、それだけで一定の技術力があることを証明することにもつながりますが、フリーランスの場合は誰かが自分の力を保証してくれるわけではありません。

人気と実力を兼ね備えた人のみが、フリーランスの声優として長く活躍していけるといえるでしょう。

はじめからフリーランスは難しい

多くの声優志望者がフリーランスに憧れるようですが、デビューしたばかりの新人声優が、いきなりフリーランスとして仕事をバリバリとこなすというのは、非常に難しいのが現実です。

この業界は人脈や知名度が人気を左右する部分も大きいため、何の経験や実績もない人のところにどんどん仕事が舞い込むようなことはめったにありません。

フリーランスになれば、基本的には宣伝や営業活動なども自分ですべてしなくてはなりませんし、事務所に所属する場合と異なり、タイムマネジメントやスケジュール管理なども、あらゆることが自己責任になるのです。

声優の世界は実力主義で、次から次へとライバルが登場するため、相手の期待にしっかりと応え続けていかなければ、次の仕事はもらえなくなってしまいます。

最低でも数年間は事務所に所属しながら経験を積み、業界内の人脈を形成してからフリーランスになるという人がほとんどのようです。