日本語教師のボランティア募集情報を探すには

ボランティアの日本語教師になれる?

日本語教師は、職業としてお金をもらって働く人がいる一方、「ボランティア」という形で活動している人も少なくありません。

「日本語を学びたい」という人は国内外にたくさんおり、そうした人のニーズに応えることを目的として作られた、日本語教育を提供するボランティア団体や組織がいくつもあります。

たとえば、各地域の公益財団法人では、たいていその地域に住む外国人のための日本語教室を開催しています。

そのような場で、日本語を教えるボランティアの募集が出されることが多いようです。

ボランティアは無給となりますが、「外国の人と交流を深めたい」「スキルを生かして人の役に立ちたい」「日本語教師になるために未経験からスキルアップしたい」といった考えを持つ人などが、ボランティアで活動しているようです。

日本語教師のボランティア募集情報の探し方

ボランティアの日本語教師の募集情報は、国際交流などを手掛ける各ボランティア団体のホームページなどに掲載されることが多いです。

インターネットを使い、地域名と日本語教師ボランティアなどで検索すれば、たくさんの団体が見つかるはずです。

また、海外で日本語教師のボランティアとして活動することも可能です。

JICAでも日本語教育隊員の募集が出されることがあり、現地の学校や日本語学校などで日本語教育のボランティア活動に携わることになります。

JICA職員の仕事

採用条件は、ボランティアを提供する団体などによって異なります。

一般的には、語学スクールなどで常勤や非常勤として働く日本語教師よりも採用条件は緩めとなっており、日本語教育に関する専門的な勉強をそこまでしていなかったり、資格がない人でも採用されることはあるようです。

したがって、市販の書籍などを活用しながら独学で日本語の教え方を学び、そのまま日本語教師としてのボランティアを始める人もいます。

ただし「日本語教師養成420時間講座」を修了していたり、「日本語教育能力検定」を取得していれば、相応の実力や知識があることが証明しやすく、ボランティア活動の幅を広げることもできるでしょう。

JICA日本語教育ボランティアに携わる場合には、やはり日本語教師養成講座の修了や日本語教育能力検定への合格などのほか、日本語の指導に関する実務経験がある人が優先的に採用されるようです。

ボランティアからプロの日本語教師になることもできる

ボランティアとして経験を積めば、仕事として働く、有給の日本語教師へとステップアップする道も開けてきます。

国内の多くの日本語学校やスクールでは、「420時間日本語教師養成講座の修了」や「日本語教育能力検定試験合格」を日本語教師の採用条件としているため、まずはそれらを満たす必要があります。

そのうえで、たとえ無給のボランティア活動であっても日本語の指導経験があれば、それは採用試験において大きなアピールポイントとなるでしょう。

日本語教師は実践経験が財産となる職業です。

これから日本語教師として生きていきたいと考えているのであれば、ボランティアも含めて積極的に活躍できるチャンスをつかんでいくとよいでしょう。