管理栄養士は副業・在宅でも働ける?

管理栄養士の副業・在宅での働き方・仕事内容

管理栄養士の国家資格を取得した人は、病院をはじめ、さまざまな施設や企業に勤めてスキルを生かしながら働くことができます。

管理栄養士が本業という人は大勢いますが、一方、副業で管理栄養士として働くことも不可能ではありません。

副業として働く場合、仕事内容は以下のようなものが考えられます。

・食や栄養に関する記事やコラムの執筆
・ダイエットに関するカウンセリング
・オンラインでの栄養指導や食事指導
・料理教室やセミナーの講師

副業では、本業が休みの日や空いている時間を使ってできる仕事が中心となり、特定の組織で働くというよりも、在宅で仕事をしていくスタイルが主となるでしょう。

フリーランスで別の仕事をしている人が、管理栄養士としても活動をするというケースも見られます。

副業・在宅の管理栄養士として働くには?

管理栄養士の資格さえ持っていれば、他には特別な資格など必要なく、誰でも副業や在宅の管理栄養士として働き始めることが可能です。

パソコンを使ってブログやSNSなどで栄養に関する記事を発信する人もいますし、自分で生徒を集めて料理教室を開くような人もいます。

あるいは、在宅でメールやチャットを利用した栄養カウンセリングのサービスを提供する会社の求人に応募して、在宅の管理栄養士として仕事をしたり、クラウドソーシングを利用して仕事を見つける方法もあります。

どのような活動をしていくにしても、お金を得るための方法はしっかりと考えていく必要があるでしょう。

副業の管理栄養士のメリット・デメリット

メリット

副業の管理栄養士になる大きなメリットは、収入アップが期待できるところです。

管理栄養士は国家資格を持っているため世間からの信頼度も高く、副業であっても専門性を生かした仕事をしやすいという魅力があります。

また、食はどのような人の生活にも不可欠なものであり、健康や美容とも関わってくることから、最近では若い人からの「専門家に食事のアドバイスを受けたい」というニーズも増えているようです。

インターネットを活用し、スキマ時間を使った働き方ができることは、管理栄養士が副業をするメリットといえるでしょう。

デメリット

管理栄養士の活躍の場や働き方は多岐にわたりますが、副業でやるとなると、どうしても携わることができる仕事の幅や種類に制約が出る可能性があります。

また、職場によっては副業は禁止としている場合もあるため、勤務先の就業規定をよく確認しておく必要があります。

せっかく副業で働きたいと思っても、なかなか思うように管理栄養士のスキルを生かせないと感じることがあるかもしれません。

副業の管理栄養士の給料・年収

副業の管理栄養士は、基本的に案件ごとにお客さまから報酬をもらうことで収入を得ていきます。

どのような仕事をするのかや、仕事の単価、また仕事量によっても収入には大きな差が出てくるでしょう。

副業といっても、年間で何百万円も手にしている人もいれば、本業での収入の足しになるようにほんのお小遣い程度だけ稼いでいる人もいます。

副業といっても、仕事としてやるのであればそれなりの時間や労力は割かなくてはならないため、事前によく計画を立ててからスタートすることをおすすめします。